2010.12.06 Monday

本学大学院生が米国・Materials Research Society(MRS) 2010でPoster Awardを受賞

平成22年11月29日~12月3日に米国ボストンにて開催された、Materials Research Society 2010 Fall Meeting(材料工学会:アメリカ) Symposium LL : "Thermoelectric Materials for Solid-State Power Generation and Refrigeration"において、本学大学院生がPoster Awardを受賞しました。

受賞者 基礎工学研究科 材料工学専攻 修士課程 1年 多田光宏
指導教員 基礎工学部 材料工学科 准教授
総合研究機構 先端デバイス研究部門・太陽光発電研究部門
飯田 努
受賞内容 Materials Research Society 2010 Fall Meeting Symposium LL : "Thermoelectric Materials for Solid-State Power Generation and Refrigeration" Poster Award

排熱発電材料研究における当該研究材料(Mg2Si)の環境低負荷性と高い熱―電気変換能力をもつモジュール作製に必要な要素技術開発の取り組みが評価されたことによるものです。同熱電変換技術に関するシンポジウムは、Materials Research Societyで毎年開催されていますが、飯田研究室では過去、2005、2007、2009年にも大学院生がPoster Awardを受賞しています。
発表題目 Electrical characteristics and thermal stability of metal electrodes for n-type Mg2Si prepared by monobloc plasma activated sintering process
受賞日 2010年12月2日

Materials Research Societyホームページ
http://www.mrs.org/

飯田研究室のページ
研究室のページ:http://web.mac.com/iida_lab/Info/Home.html
大学公式ページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?288d

  • Share
  • Tweet

ページのトップへ