2010.01.25 Monday

東京理科大学大学院 総合化学研究科 開設記念シンポジウムを開催(3/10・開催)

平成21年4月に新設されました大学院総合化学研究科 総合化学専攻は、本学大学院理学研究科 化学専攻と工学研究科 工業化学専攻を発展的に統合し、化学を基盤として理学の知と工学の知を融合させた、全国でもユニークな化学系単独の大学院で、33研究室、5研究コースで構成されています。

このたび総合化学研究科の開設を記念して第1回シンポジウムを下記要領で開催いたします。総合化学研究科の最先端の研究をご紹介しますので、奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。

日時 平成22年3月10日(水) 午後1時30分より午後6時まで
場所 アルカディア市ヶ谷(私学会館)
http://www.arcadia-jp.org/top.htm


プログラム

1. 13:30−13:40 開会挨拶・・・学長挨拶
2. 13:40−14:00 総合化学研究科概要説明・・・研究科長
3. 14:00−14:50 特別講演・・・岩澤康裕先生(電気通信大学教授、東京大学名誉教授)
日本化学会 会長
講演題目:21世紀の化学研究
14:50-15:00 休憩
4. 各コースからの研究紹介
15:00−15:30 分子集積・分子科学コース・・・築山 光一 教授
−Hydrogen: 先端分光による温故知新―
15:30−16:00 合成・反応有機化学コース・・・林 雄二郎 教授
−触媒開発からタミフルの全合成へ―
16:00−16:30 機能・生体材料化学コース・・・矢島 博文 教授
−カーボンナノチューブのバイオ化学への展開―
16:30―16:50 休憩
16:50−17:20 エネルギー・環境化学コース・・・工藤 昭彦 教授
−水と太陽光から水素エネルギーを作り出す光触媒―
17:20−17:50 工業化学コース・・・大竹 勝人 教授
−超臨界技術の最前線―
17:50−18:00 閉会挨拶

申し込みはFAXにて東京理科大学化学系事務室(Fax:03-3235-2214)へお願いします。参加希望者が200名になり次第締め切りにさせていただきます。参加費無料。

  • Share
  • Tweet

ページのトップへ