2009.12.04 Friday

本学大学院生が2009 CACS IACCにおいてExcellent Paper Awardを受賞

本学大学院生が2009 CACS International Automatic Control ConferenceにおいてExcellent Paper Awardを受賞しました。

受賞者 工学研究科 電気工学専攻 修士課程1年 山田 晃由
指導教員 工学部第一部 電気工学科 助教 新田 益大
工学部第一部 電気工学科 教授 加藤 清敬
受賞内容 ロボットなどの制御には高価なリアルタイム制御装置が必要であったが、本研究では安価なUSB接続型の制御装置と、Windowsでリアルタイム制御を実現するためのデバイスドライバを開発し、これを容易にしたことが高く評価された。
発表題目 Design of a USB Device Driver Based on Windows Driver Model for Real-Time Control under Windows XP
受賞日 2009年11月28日

2009 CACS IACCのホームページ:http://cacs2009.ntut.edu.tw/

加藤研究室ホームページ
研究室ホームページ:http://www.katolab.ee.kagu.tus.ac.jp/
大学公式ホームページ:http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?33b6

  • Share
  • Tweet

ページのトップへ