2009.05.07 Thursday

小学生を対象としたアンドロイドロボットSAYAによる出張授業を開催(開催報告)

5月7日(木)、千代田区立九段小学校にて工学部第一部 機械工学科 小林宏 教授が開発した、アンドロイドロボットSAYAによる授業が開催されました。

これは小学生に最先端の科学技術に触れてもらい、興味を持ってもらうことを目的としています。

授業では、SAYAによる様々なロボットの紹介や、ロボットと自由に触れ合ってコミュニケーションを図ることを実施しました。参加した児童から「人間のように表情が出ていて、驚いた」「自分の名前を言ってくれて、ロボットの技術に触れてよかった」といった感想が寄せられました。

尚、この様子は読売新聞、東京新聞にも掲載されております。

■掲載紙
『読売新聞』(都民版) 2009年5月8日付 朝刊
『東京新聞』(地域版) 2009年5月8日付 朝刊

小林研究室ホームページ
研究室のページ : http://kobalab.com/
大学公式ページ : http://www.tus.ac.jp/fac_grad/p/index.php?1825
  • Share
  • Tweet

ページのトップへ