HOME > 特許情報

特許情報一覧

 

ご入力されたキーワードおよび分野によって特許情報を検索できます。 分野は複数選択可で、ご入力されたキーワードおよび選択した分野のいずれかを含む特許情報が検索され、10件ごとに表示されます。 キーワードはスペース区切りで複数の単語を検索することができます。

キーワード検索 (複数単語を入力する場合、スペースであけてください)
  
分野 (複数選択可)
 化学     材料     機械     電気   
 エネルギー     通信・情報処理     土木・建築     ライフサイエンス   
 バイオテクノロジー     ビジネスモデル     生活・文化     地球環境・資源   
 その他   

  


<< 6頁目 >>         1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

管理番号 91
出願番号 2009-251362
発明の名称 抗原特異的B細胞集団の製造方法
発明者 北村 大介  他
概要 本発明によれば、特定抗原に対して特異的なIgG陽性B細胞を含む抗原特異的B細胞集団を簡便に製造することができる。
分野
□ 化学 □ 材料 □ 機械 □ 電気
□ エネルギー □ 通信・情報処理 □ 土木・建築 ■ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   ■ 譲渡    ■ 通常実施    ■ 独占権付与    ■ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


管理番号 90
出願番号 2009-244061
発明の名称 光学活性アミノアルコールの製造方法
発明者 椎名 勇  他
概要 本発明によれば、アミノ基に変換可能なベンゾオキサゾールをC-1位に有するラセミのカルビノール、あるいはラセミ第2級アルコール構造を有する乳酸誘導体を基質として速度論的光学分割を行い、得られた両エナンチオマーを適切に構造変換することで、末端アミノ基を有する光学活性1,2-アミノアルコールをより実用的な方法で製造することができる。
分野
■ 化学 □ 材料 □ 機械 □ 電気
□ エネルギー □ 通信・情報処理 □ 土木・建築 □ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   ■ 譲渡    ■ 通常実施    ■ 独占権付与    ■ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


管理番号 89
出願番号 2009-217504
発明の名称 太陽電池アレイの診断方法、及びパワーコンディショナ
発明者 平田 陽一
概要 本発明の太陽電池アレイの診断方法、及びパワーコンディショナによれば、太陽電池が発電していない時間帯において、コンデンサの放電特性を用いて得られた測定対象部位の電流-電圧特性の変化に基づいて太陽電池アレイの電気特性の診断を行うため、長期の実使用状態においても、太陽照射時の発電を妨げることなく太陽電池アレイの電気特性を診断して、太陽電池アレイの故障を早期に発見することができる
分野
□ 化学 □ 材料 □ 機械 □ 電気
■ エネルギー □ 通信・情報処理 □ 土木・建築 □ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   ■ 譲渡    ■ 通常実施    ■ 独占権付与    ■ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


管理番号 88
出願番号 2009-206479
発明の名称 転写構造体の製造方法及びそれに用いる母型
発明者 谷口 淳  他
概要 本発明によれば、母型に形成された微細な転写パターンを破壊せずに、該母型と被転写材料との剥離を容易に行うことができ、母型の転写パターンが被転写材料に良好に転写され、しかも繰り返しの転写において母型の耐久性を長期間にわって維持して転写構造体を製造する方法及びそれに用いる母型が提供される。
分野
□ 化学 ■ 材料 □ 機械 □ 電気
□ エネルギー □ 通信・情報処理 □ 土木・建築 □ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   ■ 譲渡    ■ 通常実施    ■ 独占権付与    ■ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


管理番号 84
出願番号 2009-038631
発明の名称 無端状パターンの作製方法、樹脂パターン成形品の製造方法、無端状モールド、樹脂パターン成形品、及び光学素子
発明者 谷口 淳
概要 本発明は、無端状モールドを形成できる無端状パターンの作製方法、無端状モールドを用いる樹脂パターン成形品の製造方法、これら製造方法によって得られる無端状モールド、樹脂パターン成形品、及び光学素子に関する。本発明によれば、ロールナノインプリント等に用いることのできる無端状パターン(無端状モールド)を提供することができる。また、無端状モールドをナノインプリントの型として用いる樹脂パターン成形品の製造方法を提供できる。更に、無端状モールド、樹脂パターン成形品、及び光学素子を提供できる。
分野
□ 化学 ■ 材料 □ 機械 □ 電気
□ エネルギー □ 通信・情報処理 □ 土木・建築 □ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   ■ 譲渡    ■ 通常実施    ■ 独占権付与    ■ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


管理番号 47
出願番号 2008-502871
発明の名称 色素増感型太陽電池用光電極の製造方法および色素増感型太陽電池用光電極、並びに色素増感型太陽電池
発明者 荒川 裕則  他
概要 本発明は、透光性基板を構成する透光性支持体としてプラスチック製のものを用いた場合にも高い光電変換効率が得られ、しかも、入射光量を変化させても高いレベルの光電変換効率を維持することができる色素増感型太陽電池が再現性よく確実に得られる色素増感型太陽電池用光電極およびその製造方法、並びに色素増感型太陽電池を提供する。
分野
□ 化学 □ 材料 □ 機械 □ 電気
■ エネルギー □ 通信・情報処理 □ 土木・建築 □ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   ■ 譲渡    ■ 通常実施    ■ 独占権付与    ■ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


管理番号 82
出願番号 2008-311278
発明の名称 画像特徴合成動画生成装置、画像特徴合成動画生成方法、及びプログラム
発明者 小島 尚人  他
概要 本発明は、画像特徴合成動画生成装置、画像特徴合成動画生成方法、及びプログラムに関する。本発明によれば、合成対象画像に対して複数方向のエッジ強調をした複数のエッジ強調画像を生成し、次に複数のエッジ強調画像と合成元画像をそれぞれ合成した複数の合成画像を生成し、複数の合成画像を連続的に切り替えて表示することで、画質を維持しつつ動画像の特徴が強調可能となる。
分野
□ 化学 □ 材料 □ 機械 □ 電気
□ エネルギー ■ 通信・情報処理 □ 土木・建築 □ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   ■ 譲渡    ■ 通常実施    ■ 独占権付与    ■ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


管理番号 81
出願番号 2008-274345
発明の名称 新規不斉触媒、並びに光学活性エステル及び光学活性カルボン酸の製造方法
発明者 椎名 勇  他
概要 本発明は、新規不斉触媒、ならびに光学活性エステル及び光学活性カルボン酸の製造方法に関する。本発明の不斉触媒は、特定の化学式で表されるエナンチオマーであり、ラセミのカルボン酸と、それぞれ特定のアルコール又はフェノール誘導体とを、カルボン酸無水物と前記不斉触媒との存在下で反応させることで、ラセミのカルボン酸のうち一方のエナンチオマーを選択的にエステル化することができる。
分野
■ 化学 □ 材料 □ 機械 □ 電気
□ エネルギー □ 通信・情報処理 □ 土木・建築 □ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   ■ 譲渡    ■ 通常実施    ■ 独占権付与    ■ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


管理番号 80
出願番号 2008-270238
発明の名称 導電性ダイヤモンド中空ファイバー膜及び導電性ダイヤモンド中空ファイバー膜の製造方法
発明者 近藤 剛史  他
概要 本発明は、導電性ダイヤモンド中空ファイバー膜及び導電性ダイヤモンド中空ファイバー膜の製造方法に関する。本発明によれば、耐熱性繊維が三次元的に絡み合って形成された多孔質基材に導電性ダイヤモンドナノ粒子分散溶液を塗布し、CVD法により導電性ダイヤモンド膜を合成後、多孔質基材を除去することで、比表面積が大きく、熱的・化学的に安定でかつ良好な電気化学特性の導電性ダイヤモンド中空ファイバー膜が提供される。
分野
□ 化学 ■ 材料 □ 機械 □ 電気
□ エネルギー □ 通信・情報処理 □ 土木・建築 □ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   ■ 譲渡    ■ 通常実施    ■ 独占権付与    ■ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


管理番号 79
出願番号 2008-237199
発明の名称 アゾベンゼン骨格をスペーサーとするGemini型フッ素系界面活性剤およびその製造方法
発明者 近藤 行成  他
概要 本発明は、アゾベンゼン骨格をスペーサーとするGemini型フッ素系界面活性剤およびその製造方法に関する。本発明のGemini型フッ素系界面活性剤は、p-アミノフェノールをジアゾ化する第1工程、次いで、カップリング反応を行い、OH-azoを合成する第2工程、1,2-ジブロモエタンによりBr-azoを合成する第3工程、さらに、ジメチルアミンによりDN-azoを合成する第4工程、最後に、フッ化炭素鎖を導入する第5工程により生成される。
分野
■ 化学 □ 材料 □ 機械 □ 電気
□ エネルギー □ 通信・情報処理 □ 土木・建築 □ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   ■ 譲渡    ■ 通常実施    ■ 独占権付与    ■ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


管理番号 77
出願番号 2008-230348
発明の名称 強誘電性キャストフィルム及びその製造方法
発明者 高橋 芳行  他
概要 本発明は、強誘電性キャストフィルム及びその製造方法に関する。本発明の強誘電性キャストフィルムは、ポリフッ化ビニリデンを誘電率3~100の溶媒に溶解した溶液を、ゲル化温度よりも高く、且つ、ゲル化温度+60℃以下の温度でキャスティングすることにより製造される。このため、フィルム製造の際に基材や延伸処理が不要で、且つ、大きな残留分極を有した強誘電性キャストフィルムを提供できる。
分野
□ 化学 ■ 材料 □ 機械 □ 電気
□ エネルギー □ 通信・情報処理 □ 土木・建築 □ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   ■ 譲渡    ■ 通常実施    ■ 独占権付与    ■ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


管理番号 76
出願番号 2008-230224
発明の名称 スフェロイド複合体およびその製造方法、ならびに多層型スフェロイド複合体
発明者 大塚 英典  他
概要 本発明は、スフェロイド複合体およびその製造方法、ならびに多層型スフェロイド複合体に関する。本発明のスフェロイド複合体は、細胞接着性の多孔質基材と、その上に配置され、感光性組成物を硬化させて形成された複数の親水性領域および疎水性領域を含む基板と、基板上の疎水性領域に形成されたスフェロイドとを含み、細胞の3次元培養において、内部細胞への新鮮な培養液の供給と、細胞代謝物の除去を可能とする。
分野
■ 化学 □ 材料 □ 機械 □ 電気
□ エネルギー □ 通信・情報処理 □ 土木・建築 □ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   ■ 譲渡    ■ 通常実施    ■ 独占権付与    ■ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


管理番号 75
出願番号 2008-230223
発明の名称 スフェロイド含有ハイドロゲルおよびその製造方法、ならびにスフェロイド含有ハイドロゲル積層体
発明者 大塚 英典  他
概要 本発明は、スフェロイド含有ハイドロゲルおよびその製造方法、ならびにスフェロイド含有ハイドロゲル積層体に関する。本発明のスフェロイド含有ハイドロゲルは、直径数10μm~数100μmの均一な大きさを有する2以上のスフェロイドが、ハイドロゲル内に互いに接触しないように配置されているため、複数のスフェロイドの機能維持性が良好である。
分野
□ 化学 ■ 材料 □ 機械 □ 電気
□ エネルギー □ 通信・情報処理 □ 土木・建築 □ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   ■ 譲渡    ■ 通常実施    ■ 独占権付与    ■ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


管理番号 74
出願番号 2008-220573
発明の名称 表面改質剤、該表面改質剤により改質された被改質体及びナノ粒子の分散液、並びにナノ粒子の製造方法
発明者 大塚 英典  他
概要 本発明は、表面改質剤、該表面改質剤により改質された被改質体及びナノ粒子の分散液、並びにナノ粒子の製造方法に関する。本発明の表面改質剤は、改質対象に対して高い親和性を示し、改質対象の表面に吸着することで、改質対象を溶媒中で安定に分散させることができる。
分野
□ 化学 ■ 材料 □ 機械 □ 電気
□ エネルギー □ 通信・情報処理 □ 土木・建築 □ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   ■ 譲渡    ■ 通常実施    ■ 独占権付与    ■ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


管理番号 73
出願番号 2008-206226
発明の名称 液晶素子材料とそれを用いた液晶素子と液晶素子材料の製造方法
発明者 戸嶋 直樹  他
概要 本発明は、液晶素子材料とそれを用いた液晶素子と液晶素子材料の製造方法に関する。本発明の液晶素子材料は、液晶母体に高分子化合物で保護されたナノ粒子が分散しているので、液晶素子の高速度応答が改善する。また、電気的に中性の高分子化合物でナノ粒子を保護することで、ナノ粒子のキャリアー的性質が緩和され、液晶母体が存在する液晶層において電圧が印加された場合でも、ナノ粒子の移動が抑制され、印加電界が乱されることがない。
分野
□ 化学 ■ 材料 □ 機械 □ 電気
□ エネルギー □ 通信・情報処理 □ 土木・建築 □ ライフサイエンス
□ バイオテクノロジー □ ビジネスモデル □ 生活・文化 □ 地球環境・資源
□ その他
ライセンス条件   □ 譲渡    □ 通常実施    □ 独占権付与    □ 専用実施   
詳細
お問い合わせ お問い合わせ


<< 6頁目 >>         1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11