HOME > 事業内容 > 技術相談

技術相談

 

以下の本学教員の技術について、科学技術交流センターのコーディネータが窓口担当としてサポート致します。

共同研究契約

企業や公的機関(JST、NEDO、等)における研究・開発の課題に対して、本学教員の研究がお役立ちができるとき、共同で研究を行うことができます。

受託研究契約

企業や公的機関における研究・開発課題を、本学教員が受託して研究等を行うことができます。

MTA(成果有体物)

本学教員の研究結果として、又は研究を行う過程において得られた成果物(材料、試料、試作品、モデル品、実験装置、等)を提供、あるいは、外部機関における研究成果物を受け入れることができます。

技術指導契約

企業における研究・開発課題に対して、本学教員のこれ迄に蓄積された技術等をもって技術指導等を行うことができます。その際、本学に企業の研究者を招き、本学教員が研究室で技術指導を行ったり、本学の教員が直接企業にお伺いして技術指導やコンサルティング  を行うなど、ご要望にお応えします。


技術相談の流れ