総合研究院について

総合研究院について

総合研究院長挨拶

 総合研究院は2015年4月1日に旧総合研究機構を改組し、設立されました。その過程で前院長の福山秀敏先生の御尽力と高い理念が揚げられました。それは研究における大学の研究水準の向上と我が国および世界への貢献をめざした連携・協力組織として研究推進機構が設置され、そのもとに、総合研究機構から名称を変更した総合研究院が位置づけられています。
  それゆえ、この総合研究院から、国内のみならず、世界水準の質の高いオリジナルな研究を発進することが期待されています。
  そのために研究部門を主体とした研究組織に加えて、研究センター、共同利用・共同研究拠点を統合し、本格的な研究推進組織の実現を図ったもので、これほど大きな横断的研究組織を持つ私立大学は稀であります。
   総合研究院の具体的な目標は、それぞれの学問分野の基礎についての徹底した理解を踏まえた上で基礎及び応用の区別を超えた分野間の実質的な連携を追求し、学内・外および国内・外の壁を取り払って研究を積極的に実施し、本学の教員人事の流動性・機動性の強化、並びに社会とのつながりの強化等の実現です。この様な活力と可視化できる成果と求心力に富んだ魅力溢れる研究環境を活かして、次世代の社会を担う創造性豊かな、多様性に富んだ多くの優れた人材が輩出することが期待されています。
  そのためにこの総合研究院は研究戦略・産学連携センター(URAセンター)とも協同し、基礎から応用までを実相化していくシステムを整えつつあります。センターや部門間の壁を取り払い、相互に連携し、理科大ならではの新しい学問の流れと成果を着実にあげられるようにしたいと思っています。

東京理科大学総合研究院長
浅島 誠

▲ページトップへ

組織図

平成29年4月1日現在(組織図のPDFファイルはこちらから)

▲ページトップへ