学問系統ガイド

  • 数学系
  • 数理情報系
  • 情報科学系
  • 物理学系
  • 応用物理学系
  • 化学系
  • 生物系
  • 経営工学系
  • 建築系
  • 土木工学系
  • 電気系
  • 機械系
  • 材料系
  • 薬学系
  • 経営学系
  • 数や図形の性質、関係を研究し、公式化して法則を見つけたり関係性を証明する学問。伝統的な”数学“の流れをくむ「純粋数学」と、近代産業で利用されるさまざまなテクノロジーの裏付け理論として応用される「応用数学」がある。古くから数学者=哲学者という側面もあり、物事の原理を数式で表すことに美を感じるロマンティスト。

  • コンピューターの処理能力を駆使して、さまざまな社会現象や自然現象を解析する学問。毎日、目にしている天気予報も、この学問の応用系で生み出されている。最近は”IT野球“という言葉にもあるように、コンピューターを使って相手チームを分析したり、自らの投球フォームを分析するなどスポーツの分野にも活用されている。

  • 社会や自然界で起こるあらゆる現象を“情報”として捉え、それを分析しデータ化していく学問。また、日々洪水のように溢れている情報を安全に通信するためのセキュリティ方法、光や電波などインターネットの通信回路に関する研究開発や、大きなデータを効率よく扱う情報処理の研究など、情報通信に関わるすべてのことが研究対象。

  • 自然界のあらゆる現象の原理を研究し、法則化していく。地球上の事象から宇宙、ミクロの世界の素粒子まで対象は幅広い。新事実の発見や新しい理論を生み出し、応用することで最新テクノロジーを開発することもできる。人間の生活や社会の仕組み、自然界の概念を一変させるほどの影響力を持ち、人類の未来を担う可能性も!?

  • 私達の社会生活を支えるテクノロジーの多くは、物理学の研究が基となるものが多い。半導体やセンサーなども物理学を応用し生み出された技術だ。その理論を工学的に応用し、新技術を開発する学問が応用物理学。代表的な分野は、特別な性質や機能をもつ物質(超伝導素材、磁性体など)、物理の計測や解析技術(レーザー計測、画像解析など)。

  • 物質の構造や性質を研究し、分子集合体のミクロレベルで解明、分析する学問。その性質を理解した上で、自由に組み替えて新しい物質を作り出すことができる。多彩な分野に接点を持ち、これからの時代に重要視されるエネルギー問題、環境と物質の関係性を意識した地球に優しい新物質の開発などに携わることができる。

  • 動物から植物、微生物まであらゆる生命体の生命機構を細胞や分子レベルで解明する。その研究成果を応用して、環境問題や食料問題、資源やエネルギー問題の解決を研究する。身近なところでは、環境に合わせて育ちやすいように改良した遺伝子組み換え食品などもその成果の一部。人類が抱える問題を解決する重要な役割を担う。

  • 情報通信の技術を駆使して人や物の動きを管理し、効率的に動かすためのシステムを構築。Jリーグの試合日程を効率良くプログラムしたり、行列のできる店でいかに早く客をさばくか、なんてことにも活用される。文系的な分野の中で、ロジカルな理系の手法を用いる、文理が融合した新ジャンルの学問。

  • 構造、技術などの基礎的知識をもとに、学術、芸術、技術 が三位一体となった理系の総合的学問。目的に応じた使いやすさ、環境に合わせた丈夫さ、人の心を満たす美しさを兼ね備えた建築物を創造することを目的とする。理系の中でも感性を求められるため、この学問を学ぶ学生の中にはオシャレ人口が多いのも特徴のひとつ。

  • 道路や鉄道、橋などの交通施設、河川や海岸の堤防など都市生活の基盤となるハードを形成するためのさまざまな知識や技術を学ぶ。安全で暮らしやすい街を造るため、また、自然環境と便利で快適な社会生活を共存させるための、人と街の関わりを考えることも求められる。作業服を着て測量をしていたら、土木工学系と見て間違いない。

  • 現代の生活に欠かせないコンピューターを中心とする通信・情報、そのハードウェアを実現する材料・エレクトロニクス、機械を動かす電気エネルギーの供給や制御を扱うエネルギーの主に3分野から構成。日々進化する携帯電話など、高度な情報化社会を支える最新技術を開発する。ガジェット好きなら、ぜひともオススメしたい学問。

  • 自動車や飛行機、ロボットやコンピューターなどあらゆる工業製品を開発、設計し、作り上げるための知識と技術を学ぶ。新しい機械の開発はもちろん、近年取り沙汰される環境やエネルギー問題へ配慮した新しいテクノロジーの開発も重要視されている。人工知能や宇宙で使用する機械の開発など、他の分野との連動性も高い。

  • 自動車、飛行機、電車から、ペットボトル、パソコン、インテリアの家具まで私達の身近に溢れるさまざまな素材。軽量化されたり、強度と柔軟性を兼ね備えたりと目的に合わせてさまざまな新素材の研究開発を学ぶ。例えば、近年進化の目覚ましいTVや携帯電話の液晶ディスプレイなども、材料系の学問がもたらした成果の一部。

  • 私達の健康を維持するために欠かせない医薬品。ヒトゲノムが全て解読された今日において、薬品業界もネクストジェネレーションを迎え、遺伝子工学とナノテクノロジーを融合させた創薬を研究し、新しいウイルスや病原体と戦っている。薬剤師を目指すなら、医学部などと同じく修業年数は6年となる。

  • 大きくても小さくても、私達の身の回りで起こる経済活動 は企業によって行われている。その企業のマネジメント や経営戦略の立て方など経営にまつわる全般について 学ぶ学問。経営といえば文系の印象が強いものの、管理、会計や企画、マーケティングの場面で数値を利用したりと、実は理系的でロジカルな思考が必要とされる。