未来のサイエンスガールズ向け「科学のマドンナ」プロジェクト 秋のマドンナ イベントレポート未来のサイエンスガールズ向け「科学のマドンナ」プロジェクト 秋のマドンナ イベントレポート

東京理科大学では、女子中高生の皆さんに科学の面白さと奥深さを知ってもらうために「科学のマドンナ」プロジェクトを実施しています。「女性ならではの科学」をテーマに講演会や実験、女子大学生との交流などが行われる企画も、今年で10年目。今回は、2017年11月12日に神楽坂キャンパスで開催された、株式会社ちふれ化粧品とのコラボ企画「秋のマドンナ」の様子をレポートします!

島貫 あかねさん

私がご案内します!

東京理科大学
理学部第一部
応用化学科
4年

島貫 あかねさん

開会式

開会式

開会のあいさつ

プロジェクトリーダーを務める工学部教養 松本和子教授によるあいさつでは、理系の女性が活躍する場がさらに広まっていることや、「科学の魅力を知ってもらいたい」というプロジェクトへの思いが語られました。「参加者同士や講師、大学生と交流をしましょう」という言葉に、来場した中高生たちの期待も高まります。

講演1

講演1講演1

ちふれ化粧品の会社紹介と化粧品の役割について

ちふれ化粧品の女性研究者3 名より、ちふれ化粧品の展開ブランドや事業指針について説明いただきました。皮膚の構造やターンオーバーといった生理学の話や「なぜ化粧をするのか?」といった化粧品の役割についての専門的な話を聞いた参加者たちは「考えたこともなかった!」という驚きの声を上げていました。

実験1

乳化技術を使ってクリームを試作してみよう!

乳化技術を応用してつくられている化粧品。実験では、乳化剤を使用しクリームを試作してみました。

工程1

工程1

材料をそれぞれ加熱し、油相と水相をへらで混ぜ合わせていきます。

工程2

工程2

水浴につけ、クリームが冷えるまでさらにゆっくり混ぜていきます。

工程3

工程3

中心部分が35度になったら完成!試作品は容器に入れて持ち帰りました。

実験2

化粧水をつくり、使用感を評価してみよう!

各班ごとに異なる使用感の化粧品を試作し、別の班のものと比べてみます。一番しっとりするものはどれ?

工程1

工程1

クエン酸や精製水などの材料を正確にはかり、かくはん棒で混ぜ合わせます。

工程2

工程2

班ごとに試作品が完成したら、ボトル容器に移し替え、別の班に配ります。

工程3

工程3

完成品の使用感を比較し、さっぱりする順番に並べ替え、班ごとに発表し合いました。

講演2

講演2

化粧品ができるまでの工程

実験の後は再びちふれ化粧品の女性研究者3名に、化粧品ができるまでの流れを解説いただきました。化粧品は企画、製造、品質検査など多くの工程を経て世に出ており、多くの理系分野の学びが役立っていることがわかりました。また、3名のそれぞれのキャリアや仕事のやりがいに関しても語っていただきました。

講演2

開発部 川名 真紀子さん(写真左)

「化粧品開発は、女性が活躍できる仕事。一緒に興味を追求していきましょう。」

研究部 行方 優子さん(写真中)

「理系に進めば、論理的な考え方や物事へ能動的に取り組む姿勢が身につきますよ!」

開発部 近藤 眞央さん(写真右)

「興味を持ったら何でもチャレンジしましょう。その経験が仕事にも生きてきますよ。」

講演2学生スタッフの研究ポスター展示に興味津々の参加者たち
講演2ちふれの化粧品の展示もあり、使用感を試す姿も

興味を持ったら、ぜひ理系の道を選択肢に入れてください♪

参加者の声

  • ●実験がとても楽しく、化学への興味が生まれた!
  • ●講演してくださった方のように私も将来活躍したい!
  • ●化粧品開発に興味があったので、お仕事の内容が詳しくわかって、仕事選びの参考になった
  • ●理系の魅力がわかり、本当に楽しい時間だった
  • ●化粧品開発には理系のさまざまな知識が必要であることを知り、今勉強している生物や化学が社会で生かせることがわかり、もっとがんばろうと思った
  • ●講師の方が理系に進んだ理由や研究内容、仕事に関する話をたくさんしてくださり、進路選択の参考になった

科学のマドンナプロジェクトとは

「科学のマドンナ」プロジェクトは、「女性ならではの科学」を武器として、強いプロ意識のもとに新たな科学・技術を創出する人材の育成を目指しています。そのために、理科をもっと身近なものにする道筋を3段階に分け、「10年後の自分に目覚める」手助けを試みています。

◎Scienceを知る
さまざまな実験を体験して、「理科は面白い!」という実感を抱いてもらいます。
◎Researchを体験する
普段の生活では体験できない、専門的な実験装置などを用いた研究の一部を体験しながら、在学中の女子大学生、大学院生との交流会などを通じて理工系女性を身近な存在として感じてもらいます。
◎Professionalに目覚める
社会で活躍する理工系女性の講演を聞くことで、自らの将来像をイメージできる場をつくります。理工系に進学すると、どのようなキャリアパスがあるか、理系と関連する職業の可能性を知ってもらいます。
ページトップへ