日常生活に関する各種情報

警察

警察の電話番号は「局番なしの110番」です。緊急を要する事件、事故のときに電話をしてください。その時、名前や現在地を聞かれることがあります。名前ははっきりと答え、近くの標識などを探してどこにいるのかを伝えてください。目印になるようなものも伝えられると良いです。
事故のときはケガ人の対応が優先ですので、先に救急に電話しましょう。

盗難にあった場合は110番に電話する、又は最寄の警察署や交番に通報してください。キャッシュカードやクレジットカードを盗まれた場合や紛失した場合は、すぐにカード会社や銀行にも連絡をしましょう。

警視庁 参考ホームページ

救急

救急、消防の電話番号は「局番なしの119番」です。火事や事故のときに電話してください。その時、名前や現在地を聞かれることがあります。名前ははっきりと答え、近くの標識などを探してどこにいるのかを伝えてください。目印になるようなものも伝えられると良いです。
事故のときはケガ人の対応が優先ですので、先に救急に電話しましょう。
事故のときには、ケガがたいしたことなさそうだから大丈夫、と勝手にその場で判断せず、必ず救急に連絡をしましょう。事故後のケガは後から出てきたり後遺症が残ったりする場合もあります。

東京消防庁 参考ホームページ

郵便局

郵便局では郵便サービスのほか、貯金サービスや保険サービス、公共料金等の支払も取り扱っています。取扱い内容・時間は各局において違いますので、詳しくは郵便局にお問い合わせください。

<郵便サービス参考>
各地域には本局と呼ばれる大きな郵便局があり、本局では土曜、日曜、祝日を問わず郵便業務を24時間取り扱っています。
転居したときは、手続をすると1年間、旧住所に届いた郵便物等を新住所へ無料で転送してもらえます。

<貯金サービス参考>
国際送金を取扱うゆうちょ銀行・国際送金取扱郵便局から簡単な方法で世界各国に送金することができます。
ゆうちょ銀行・外貨両替取扱郵便局で外貨両替のサービスを提供しています。

日本郵便サービスWEB

国民健康保険

留学生の皆さんが、病気やケガをした場合に、治療にかかった費用を補助する制度として、 国民健康保険があります。
留学生は不慣れな日本の生活で精神的にも緊張し、体調を崩して病気にかかりやすいので、 必ず加入してください。
国民健康保険に加入すると医療費総額の30%を支払うだけで診療が受けられます。

国民健康保険(国保)

日本に1年間以上在留する留学生は、必ず、国民健康保険に加入しなければなりません(加入することが義務付けられています)。国保への加入手続は、住民登録のある市役所等の国保担当課で行うことができます。
その受付へ「在留カード」を持参し、手続をすれば、後日、国民健康保険被保険者証(保険証)が交付されます。
国保に加入すれば、毎月の保険料が必要となりますが、所得が少ない人のために通常の保険料よりも減額される制度がありますので、詳しくは、市役所等の国保担当課の窓口に相談してください。
病院、診療所および薬局で診療または薬剤を受ける時に、保険証を提示すれば、通常、自己負担額は医療費の30%だけですみます。ただし、保険が適用されず、全額自己負担となる診療もあります(下記参照)。
※保険適用外の診療
・個室または2人部屋の特別室(差額ベッド)代、材料費など
・健康診断・予防注射・美容整形・歯列矯正
・正常な出産及び経済的な理由による人工妊娠中絶
・その他、国保を取り扱っていない医療機関等でかかった診療(外国人専門の病院や、はり・きゅう院は保険を取り扱っていないところが多いため、あらかじめ、保険医療機関かどうかを確認しましょう。)
保険証が交付された留学生は、学生支援課に提示してください。有効期限が切れた場合は、お住まいの市区町村で更新後、窓口に提示してください。

例1 : 医療費 10,000円の場合

医療費総額 10,000円
国民健康保険補助 70%
7,000円
医療機関に支払う金額
(自己負担額)
3,000円

保険証を持たないで病院へ行ったときは、いったん費用の全額を支払うことになります。病院で発行された領収書、明細書と保険証を市役所等に持参し手続きをすると、後日審査の後、診療費の7割が戻ってきます。

銀行

日本ではクレジットカードやデビッドカード、その他SUICA、PASMOなどに代表される電子マネーも普及していますが、基本的には現金社会です。都市部であっても現金しか受け付けない店もありますので、現金をある程度持つように注意してください。また特に自動販売機や券売機は高額紙幣は受付ない場合がありますので、小銭も準備しておくと便利です。なおトラベラーズチェックは大きな百貨店、ホテルをのぞいては使えないことが多くありますので注意してください。

日本の銀行の営業時間はほとんどが月曜から金曜、9:00~15:00となっており、ATMも通常24時間のサービスではありません。ATMは銀行の他多くのコンビニエンスストアに設置されており、ほとんどのATMでは英語案内が可能になっています。

交通機関

日本の交通機関は大変発達しており道路、インフラ設備が充実しています。鉄道、航空路などの公共交通機関は高いレベルの早さ、安全性、確実性を誇り、ほぼ全てのエリアに行くことができます。新幹線は日本の工業技術の高さを証明するもので、時速300キロを優に超え旅行者、ビジネスマンに高い人気です。
日本の自動車の各家庭での保有率は現在約80%ですが、自動車を保有していなくても特に大都市、都心ではタクシー、バスがたくさん走っています。
最近では健康志向、スポーツ・レジャー感覚、環境保護の影響もあり自転車愛用者、ウォーキングを楽しむ人も多いです。

ただ大都市では渋滞の問題が年々深刻化しており、特に朝、夕方の通勤・帰宅の時間帯には道路が込み合うため、また駐車するスペースの確保が難しいことから自動車通勤はそれほど一般的ではありません。
電車、地下鉄、バスなどの公共交通機関では一定期間(一ヶ月、三ヶ月、六ヶ月)通用する定期券を利用すると割安になります。また定期券以外でも回数券やプリペイドカードもあり、一定期間日本に滞在される方にはお勧めです。

鉄道 JR東日本
地下鉄 東京メトロ
日本航空
全日空
東京都交通局

ゴミ処理

家庭用ゴミは市区町村が回収します。市区町村によって分別方法が異なりますので役所等で確認してください。回収曜日・時間等も地区によって異なりますので確認してください。
家具・布団・暖房用具・自転車等は粗大ゴミになりますので、日常のゴミと一緒に捨てることはできません。有料で引き取ってもらうことになりますので、役所に問い合わせてください。

エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機の5品目は、家電リサイクル法により粗大ゴミとして捨てることもできません。その製品を買った販売店や買い替えのときに利用した販売店等に引き取ってもらう義務があります。

家電リサイクル法 参考ホームページ

アルコール、喫煙に関して

日本では満20歳未満のアルコール、喫煙は法律で禁止されています。また、親権者やその他の監督者、販売・供与した者にも罰則が科されます。

近年、日本では飲酒運転による悪質な事故が多発し、法律の厳罰化に伴い酒提供者や同乗者も処罰対象になりました。現在、飲酒運転で事故を起こした場合、危険運転致死傷罪が適用されると致傷に対して懲役15年以下、致死に対して1年以上の有期懲役(併合過重の場合最高30年)の処罰を受けることがあります。飲酒をしたら絶対に運転をしないでください。

警視庁 参考ホームページ

国際電話のかけ方

国際電話をかける場合、固定電話・公衆電話から以下方法でかけられます。ただし公衆電話から国際電話をかける場合は事前にテレホンカードを購入し、そのカードを使って電話することをお勧めします。

受話器を上げてから、
001-010-国番号-相手の電話番号の順でダイヤル、または
0033-国番号-市外局番-相手の電話番号
※(市外局番が0から始まる場合は0を省きます。)

ページのトップへ