資格外活動許可(アルバイト等)

資格外活動許可(アルバイト等)

留学生がアルバイト(資格外活動)をする場合は、「資格外活動許可」が必要になります。 資格外活動許可があれば、学業に支障のない範囲内で生活費等を補うために、 許可時間内でのアルバイトができます。
ただし、風俗営業関連の業務等でのアルバイトは禁止されています。
※2010年7月より入管法の改正により、大学から発行していた副申書を添付する必要はなくなりました。また、TAのアルバイトをされる方は、資格外活動許可の取得の必要はなくなりました。ただし、その他のアルバイトを希望する学生は、これまで通り資格外活動許可が必要になりますので各自、入国管理局で手続きを行ってください。

取得した「資格外活動許可書」は、必ず学生課・学生支援課に提示してください。また、その際に様式に記入の上、窓口に資格外活動の内容を申告してください。

在留期間の更新等の際に、あわせて資格外活動許可申請を行うこともできます。 一度、資格外活動の許可を得れば、許可期限内であればアルバイト先が変わっても有効です。

アルバイトの紹介は、本学委託業者等で行っています。

■ 許可される資格外活動時間

1週間の許可時間 長期休暇中の許可時間
学部・大学院生、研究生・科目等履修生 28時間以内 8時間以内(1日)

■ 資格外活動許可申請に必要な書類等

・資格外活動許可申請書 入国管理局の所定用紙
・パスポートおよび在留カード(在留カードと見なされる外国人登録証明書を含む)
・学生証
※手数料はかかりません。

ページのトップへ