留学者数/留学生の声

本学では毎年多くの学生がさまざまなプログラムを通じて留学しています。

海外への留学者数(平成25年度実績)

地域 国籍 学部 修士 合計
アジア 中国 0 2 2
インドネシア 24 2 26
北米 アメリカ 66 3 69
カナダ 23 1 24
中南米 ブラジル 0 1 1
欧州 イギリス 26 0 26
ドイツ 2 5 7
フランス 0 1 1
ルーマニア 0 1 1
ボスニア・ヘルツェゴビナ 0 1 1
大洋州 オーストラリア 22 0 22
個人留学 20 0 20
合計 183 17 200

留学生の声

インターンシッププログラム【春期】(シリコンバレープログラム)

留学先:アメリカ シリコンバレー

M・Kさん
理学研究科 数学専攻
修士課程

グローバルビジネスを学びながら、これからの生き方の勇気ももらえた。

インターンシッププログラムは、主にこれから海外で仕事に就きたいと思う学生が参加するプログラムです。私は、数学教員を目指していた自分があまりにも世界を知らないのではないかと思い、見聞を広め自分を見つめ直そうと思い、学部3年次に参加しました。プログラムは約1週間にわたります。シリコンバレーにある企業や大学を訪問し、講義を受け、ディスカッションを行います。参加者は21名で、1人が英語に詰まると誰かがつなぎ合わせるなどチームワークを駆使して行います。この経験はとても刺激的で、「チャレンジする心の作り方」や「ネットワークの必要性」など、国際ビジネスに大切な姿勢を学びました。また、アメリカでは「間違い」は、もう一つの答えとして「クリエイティブ」という考えもあり、間違いを恐れない文化にも改めて感銘を受けました。グローバルな視点から固定概念を持たずに物事を見る。私はそんな勇気をもらえた感じがし、改めて数学教員を目指す「挑戦する力」がわいてきました。

Schedule

●3年次
2011年10月
シリコンバレープログラム、インターンシップがあることを知る
12月
プログラムに申し込み英会話を集中的に始める
2012年3月2日~10日
プログラムに参加

カリフォルニア大学1年留学プログラム

留学先:アメリカ カリフォルニア大学デイビス校(3年次留学)

K・Nさん
理工学部 物理学科

エリート校で英語・専門科目を学びながら、改めて理科大の教育の質の高さを実感しました。

1年次の夏から英語の勉強に本格的に取り組み、留学の準備をしました。留学したのは3年次の1年間。前期は語学が中心で、「インターネット中毒」「肥満」等のテーマに基づき資料を集め、論文にまとめて発表する授業でした。理系の私にとって、文系に近い授業は一般教養を身に付ける絶好の機会となりました。後期は専門科目を履修しました。デイビス校の4年次と一緒に学ぶ中で、専門科目についてはむしろ理科大の方が進んでいると実感しました。1年を通して宿題が多く、勉強づくしの日々を送ることになりましたが、後期の専門科目では上位の成績をキープできたことが自信になりました。語学力はもちろん、忍耐力、コミュニケーションの積極性、さらには一般教養を身に付けられたことが留学での大きな収穫です。いつかどこかで役立つ、そんな大切なものを手にできたと思います。

Schedule

●1年次 ●2年次 ●3年次
2010年8月
留学に向け英語に取り組む
2011年5月
TOEFL-ITP
留学条件クリア
10月
プログラムに
応募
12月
プログラムに
内定
2012年4月
~2013年3月

留学

留学先:アメリカ カリフォルニア大学デイビス校(2年次留学)

国枝宏之さん
基礎工学部 生物工学科

カリフォルニア大学デイビス校への留学を終えて

私は東京理科大学の留学プログラムに応募し、アメリカのカリフォルニア州デイビス市にあるカリフォルニア大学デイビス校(通称UC Davis)に、1年間留学をした。そこで、留学中の一年間を振り返ってみた。... 留学体験記続き

留学先:アメリカ カリフォルニア大学デイビス校(2年次留学)

福重美香さん
基礎工学部 生物工学科

最も苦しく最も楽しかったカリフォルニア大学デイビス校での一年

「これまで生きてきた中で最高の一年だったね。」日本へ向かう飛行機で交わされた会話の一部である。私は本学のプログラムを利用して2年次にカリフォルニア大学デイビス校に一年間留学した。そのときの経験を書き記したい。... 留学体験記続き

留学先:アメリカ カリフォルニア大学デイビス校(4年次留学)

工学部 機械工学科

留学を決意した経緯

大学に入学した頃、それまで勉強もろくにせず、のめり込んだことは野球くらいであった筆者は、将来何も特徴がなく平凡な人間になってしまうと人生への危機感を感じ、経験豊かな深みのある人間になりたいと考えた。...留学体験記続き

ページのトップへ