健康情報

ノロウイルス

ノロウイルスによる食中毒は、冬季を中心に発生します。カキなどの二枚貝を生又は不十分な加熱で食べたことを原因とする食中毒のほか、最近では、生カキを食べていなくても集団発生する事例が増加傾向にあります。

ノロウイルス

お酒と健康

お酒は古くから「百薬の長」とも言われ、適量ならば食欲を高め、疲労回復や精神的リラックス、動脈硬化の予防などの効果がありますが、飲み過ぎは健康を損ねますので注意が必要です。

お酒と健康

一人暮らしを始める人へ

4月から一人暮らしを始める人もいると思います。
そんな人に保健管理センターから、ちょっとだけアドバイス!

一人暮らしを始める人へ

花粉症について

花粉(アレルギーの原因:アレルゲン)に対する免疫力を高め少しでも症状を軽くしましょう。疲れはアレルギーの大敵! 
体調を整え自律神経を鍛えましょう。

花粉症について

インフルエンザにご用心

インフルエンザは、インフルエンザウイルスの感染によっておこる病気です。

インフルエンザにご用心

はしか(麻疹)

はしか(麻疹)が増加の傾向にあります。日本では年間20万~30万人ぐらいが発生し、大人のはしかも増えています。

はしか(麻疹)

気をつけたい食中毒

食中毒について

気をつけたい食中毒

熱中症に注意

運動などをすると体に多くの熱が発生しますが、汗をかくことなどにより熱を放散し、体温が上がらないようにしています。

熱中症に注意

緑内障

眼球内の圧力が高まって、見たものを脳に伝達する視神経が侵され、視力が落ちたり,視野が狭くなる病気で中途失明原因の上位を占めます。

緑内障

ドライアイ

ドライアイについて

ドライアイ

STD(性感染症)

従来日本では「梅毒」「淋病」「軟性下疳」「性病性りんぱ肉腫」が性病に指定されていました。

STD(性感染症)

エイズについて

エイズは正式な病名を「後天性免疫不全症候群」といい、HIVというウイルスによって起こる性感染症です。

エイズについて

パニック障害

かつては、不安神経症と呼ばれていた病気で、1992年にWHOにその病名が登録されました。

パニック障害

うつ病

うつ病は、日常のストレスや体の不調が重なれば、誰でもかかる可能性のある病気で「心のカゼ」と言われています。

うつ病

ページのトップへ