会長あいさつ

維持会会長 森野義男

 維持会会員の皆様には、東京理科大学維持会の活動にご支援ご協力賜りまして、誠にありがとうございます。日頃のご支援を心から御礼申し上げます。
 最初に皆様からいただきました維持拡充資金(第二期)の支出目的についてご報告申し上げます。
 現在募集中の維持拡充資金(第二期)は、東日本大震災の被災学生の学費免除や給付型奨学金に役立てております。この支援につきましては、「被災学生支援」として本年も継続させていただきます。
 また、昨年より始まりました「留学への給付型奨学金」は「海外留学プログラム等への参加学生支援」の一部として継続させていただきます。さらに「博士課程学生の海外短期留学・派遣経費」等への支援についてもご要望いただいております。
 次に、昨今の募金活動についてご報告申し上げます。毎年恒例の東京理科大学理窓会各支部の支部総会等には積極的に参加をし、地方支部の皆様にお目にかかり、支部活動のお手伝いのかたわら募金のPRをさせていただいております。司馬遼太郎の「この国のかたち」、「文明の配電盤」でも紹介されました創設者先生方の「維持同盟」についてもお話申し上げ、「母校貢献の伝統」についてもPRさせていただいております。先般は、桂歌助師匠の講談「理学の志士」でも創設者先生方を親しみやすくご紹介いただきました。本年は本学卒業生の馬場錬成先生にご指導賜りながら、時代背景も含めさらに踏み込んだ「母校の歴史」を練り上げており、折に触れご報告申し上げますのでよろしくお願いいたします。
 最後になりましたが、維持会会員の皆様におかれましては、本年も継続的なご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

東京理科大学維持会
会長 森野義男

「理学の志士」  桂歌助 Youtube動画 (30分35秒)

東京理科大学維持会とは

東京理科大学維持会は、本学が創立当初何度となく経営の危機に直面したとき、創立者の先生方が「維持同盟」を結び、お互いに基金を持ち寄って財政の苦難を乗り越えた遺徳にならい、「東京理科大学および諏訪東京理科大学の維持発展に寄与すること」を目的とし、維持会会員を募り、経常的に寄付を集めて、学校の将来にわたる財政基盤の確立を図ることに貢献しています。

維持会会員について

維持会員とさせていただく方

  1. 本法人設置学校の卒業生(過去の設置学校の卒業生を含みます)
  2. 教職員および元教職員(役員、評議員等を含みます)
  3. 50万円以上の寄付をいただいた篤志家

会員種別

普通会員

寄付金年額1万円以上

終身会員

寄付金総額50万円以上

特別会員

寄付金総額250万円以上

栄誉会員

寄付金総額1,000万円以上

※寄付金総額には創立125周年記念事業募金のほか、維持拡充資金へのご寄付も含まれます。

常任維持会が定めた格付け

栄誉会員

SA(10億円以上)
AA(5億円以上)
A(2億5千万円以上)
B(1億円以上)
C(5千万円以上)
D(2千5百万円以上)
E(1千万円以上)

特別会員

F(500万円以上)
G(250万円以上)

終身会員

H(100万円以上)
I(50万円以上)

※特別会員、栄誉会員に昇格された方には、それぞれ「表彰楯」を贈呈させていただきます。

会員期間

  1. 終身会員、特別会員、栄誉会員の会員期間は全て終身です。
  2. 普通会員の会員期間は、年額1万円に対し、本法人が寄付金を収納した日から起算して1年に達する日の属する月の末日までです。
    なお、一時に2万円以上のご寄付をいただいた場合には、年額1万円の整数倍に応じて、会員期間を延長させていただきます。
東京理科大学 維持拡充資金(第二期) 募金のご案内
東京理科大学 維持拡充資金(第二期)
創立125周年記念事業募金のご案内
東京理科大学 創立125周年記念事業募金
Copyright©2017 TOKYO UNIVERSITY OF SCIENCE. All Rights Reserved.