古市 貞一 フルイチ テイイチ FURUICHI Teiichi 教授

理工学部 応用生物科学科

分子神経科学研究室

研究室紹介

  • 専攻分野: 分子神経科学、神経情報科学
  • 研究分野: 脳の発達とその障害の分子機構、脳発達遺伝子データベース

心や行動を生み出す脳の複雑で精緻な神経ネットワークは、どのようにして発達し機能するのでしょうか。本研究室では、脳の正常な発達と機能、およびその異常によって生じる精神神経疾患について、関連する遺伝子やタンパク質の同定や機能解析から遺伝子改変マウスを利用した記憶や認知の行動解析まで基礎から先端に渡る幅広い多次元の研究によって、脳の発達と機能の分子メカニズムの解明を目指しています。また、脳遺伝子発現データベースの開発をはじめとする神経情報科学の研究も行っています。

研究テーマ

  1. 脳・神経回路の発達とその障害の分子機構の研究

    (1)分泌関連因子CAPSファミリーによる有芯小胞を介した脳由来神経栄養因子BDNFをはじめとする神経調節因子の分泌促進作用と、シナプス・神経回路の発達や社会性行動などにおける機能的な役割  
    (2)脳特異的Rasグアニンヌクレオチド交換因子のvery-KINDやチロシンキナーゼシグナル伝達分子のアダプターp130Casなどによる神経突起伸長の制御  
    (3)興奮性シナプス後肥厚部の足場タンパク質Cupidin/Homer2のシナプスの発達と形態変化における役割  
    (4)脳・神経回路の発達と機能に関連する新規遺伝子の探索  
    (5)マウス小脳神経回路の発達に関わるトランスクリプトーム(全遺伝子転写)基盤の神経情報科学
       Cerebellar Development Transcriptome Database
       CDT-DB http://www.cdtdb.neuroinf.jp

    研究室HP http://www.lmn.bs.noda.tus.ac.jp/

トピックス

1)ニューロン・シナプス・神経回路の発達に関連する遺伝子の探索と機能解析
2)神経栄養因子の分泌異常などをもつ疾患モデル動物を用いた脳発達と行動障害に関する研究
3)小脳皮質神経回路の発達に関わる遺伝基盤のニューロインフォマティクス(神経情報科学)

アクセス

詳細はこちら
  • オリジナルホームページ

ページのトップへ