衣笠 秀行 キヌガサ ヒデユキ KINUGASA Hideyuki 教授

理工学部 建築学科

衣笠研究室

教員プロフィール

連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL
出身大学 1985年 東京理科大学 理工学部 建築学科 卒業
出身大学院 1990年 東京理科大学 理工学研究科 建築学 博士課程 修了
取得学位 東京理科大学 工学博士 (建築構造) 課程
研究経歴 1990-2002 大変形繰り返し時の崩壊メカニズムに関する研究に従事
2003-2004 南カリフォルニア大学 客員研究員
2004-現在 都市の耐震性に関する研究に従事
研究職歴 1997-1999 東京理科大学 専任講師
2000-2007 東京理科大学 助教授
2008-現在  東京理科大学 教授
性別
生年月
研究キーワード
研究分野 建築構造・材料 (耐震設計、都市防災、コンクリート構造)
研究課題 経済性の観点から見た都市型建築物の耐震性
RC曲げ破壊部材の繰り返し載荷時の破壊メカニズム
RC構造物のエネルギーの考えに基づく耐震設計法
耐震性能と耐久性能を考慮したRC建築物の統一的性能評価
受賞
2003年9月
日本建築学会奨励賞 (日本建築学会)
「曲げ降伏後の大変形繰り返し載荷を受けるRC梁部材のスリップ域における横方向歪み蓄積により発生する破壊のメカニズム」
1995年6月
第17回コンクリート工学講演会優秀講演賞 (日本コンクリート工学協会)
「RC曲げ破壊部材の繰り返し載荷下におけるヒンジ領域の拘束効果」
1995年5月
日本コンクリート工学協会賞(論文賞)  (日本コンクリート工学協会)
「「正負繰返し履歴による曲げ降伏ヒンジの破壊性状」 」
1994年6月
第16回コンクリート工学講演会優秀講演賞 (日本コンクリート工学協会)
「RC柱部材の曲げ降伏後の繰り返し載荷によって発生する破壊のメカニズムについて」
学会活動
2016年6月1日~2017年5月31日
日本建築学会
技術報告集委員会 委員長
2015年6月11日~2017年3月31日
日本コンクリート工学会
情報コミュニケーション委員会 委員
2015年6月1日~2017年5月31日
日本建築学会
技術報告集委員会 委員
2015年4月1日~2017年3月31日
日本建築学会
保有水平耐力計算規準対応小委員会 委員
2015年4月1日~2017年3月31日
日本建築学会
応用力学運営委員会 委員
学会活動を全件表示
客員教授
2003年9月1日~2004年8月31日
南カリフォルニア大学(Univ. of Southern California)

アクセス

詳細はこちら

ページのトップへ