岩倉 洋一郎 イワクラ ヨウイチロウ IWAKURA Yoichiro 教授

研究推進機構 生命医科学研究所

生命医科学研究所実験動物学研究部門

教員プロフィール

連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
TEL : 04-7121-4104 (直通)
FAX : 04-7121-4104
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/iwakuralab/
出身大学 1970年 京都大学 理学部 化学科 卒業
出身大学院 1974年 京都大学 理学研究科 化学専攻 博士課程 中退
1972年 京都大学 理学研究科 化学専攻 修士課程 修了
取得学位 京都大学 理学博士 論文
研究経歴 1969-1974 大腸菌RNAポリメラーゼの分子遺伝学的解析
1974-1978 インターフェロンの精製と生物活性の研究
1978-1985 マウス初期発生機構の研究
1985-1992 発生工学手法を用いたウイルス感染症モデルの作製
1992- 発生工学技術を用いたヒト疾患モデルの作製と解析
研究職歴 1974-1985 京都大学ウイルス研究所 助手
1978-1980 米国スローン-ケタリング癌研究所 Associate Researcher
1985-1992 東京大学医科学研究所ウイルス感染研究部 助教授
1992-1998 東京大学医科学研究所実験動物研究施設 教授
1993-1996 東京大学医科学研究所実験動物研究 施設長
1998-2009 東京大学医科学研究所ヒト疾患モデル研究センター 教授
2004-2009 東京大学医科学研究所ヒト疾患モデル研究センター センター長
2009-2012 東京大学医科学研究所システム疾患モデル研究センター センター長、教授
2012- 東京大学 名誉教授
2012- 東京理科大学生命医科学研究所 教授
2013- 東京理科大学生命医科学研究所ヒト疾患モデル研究センター センター長
性別
生年月
研究キーワード 疾患モデル、遺伝子改変マウス、自己免疫疾患、関節リウマチ
研究分野 実験動物学 (遺伝子改変マウス、発生工学)
免疫学 (自己免疫疾患、サイトカイン、関節リウマチ)
研究課題 自然免疫修飾による健康増進を目指した高機能食品開発の試み
遺伝子改変マウスライブラリーの作製による発症機構の解明と創薬標的の探索
IL-17分子、C型レクチンを標的とした自己免疫・アレルギー疾患の発症機構の解明と治療薬の開発
受賞
2018年2月
Highly Cited Researchers(Thomson Reuters)
「免疫学」
2017年11月15日
Highly Cited Researchers(Clarivate Analytics)
「免疫学」
2017年3月3日
Highly Cited Researchers(Thomson Reuters)
「Immunology」
2015年11月7日
野口英世記念医学賞 (公益財団法人 野口英世記念会)
「自己免疫疾患および感染防御に於けるIL-17A、IL-17Fの役割の解明」
2015年9月9日
Highly Cited Researchers(Thomson Reuters)
「高被引用論文著者」
受賞を全件表示
学会活動
2017年10月29日~2017年11月2日
International Cytokine & Interferon Society Meeting 2017
学会副会長
2016年4月1日~2021年3月31日
日本炎症・再生医学会
功労会員
2009年5月14日~2009年5月16日
第56回日本実験動物学会
学会会長
2005年4月1日~2012年6月18日
発生工学・疾患モデル研究会
運営委員
2003年1月1日~2017年10月30日
日本免疫学会
評議員
学会活動を全件表示
客員教授
2010年9月26日
中華人民共和国吉林大学農学部
2010年5月1日~2015年3月31日
大阪大学
2010年5月1日~2012年3月31日
熊本大学
2014年4月1日~2019年3月31日
千葉大学真菌医学研究センター
2014年4月1日~2015年3月31日
Development Center for Biotechnology, Taiwan
2015年4月1日~2018年3月31日
中華人民共和国大連医科大学
2013年4月1日~2019年3月31日
台湾国防医学院客員教授

トピックス

1. 関節リウマチ発症に関与する遺伝子の探索と発症機構の解明
2. 自己免疫やアレルギー発症におけるIL-1やIL-17などのサイトカインの役割
3. 自己免疫やアレルギー発症における自然免疫の役割
4. 腸管免疫の恒常性維持におけるC型レクチンやサイトカインの役割
5. DCIRの免疫系、骨代謝系における役割
6. 発がんにおけるサイトカインの果たす役割

アクセス

詳細はこちら
  • オリジナルホームページ

ページのトップへ