小園 晴生 コゾノ ハルオ KOZONO Haruo 准教授

研究推進機構 生命医科学研究所

小園研究室

教員プロフィール

連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
TEL : 04-7121-4083 (直通)
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.noda.tus.ac.jp/~kozonolb/
出身大学 九州大学 理学部 生物学科 卒業
出身大学院 大阪大学 理学研究科 生物化学 博士課程 修了
取得学位 大阪大学 博士(理学) 課程
研究経歴 1982-1988 補体C5転換酵素の構造と機能の研究
1988-1990 補体Factor H ホモログの研究
1990-1992 Yeast Artfitial Chromosomeを用いたMHC遺伝子座の研究
1992-1993 Interleukin-1の産生と分泌機構の研究
1993-1994 MHC class II タンパク質の作製方法と構造の研究
1994-1995 細菌由来のスーパー抗原とMHC class IIタンパク質の結合様式の研究
1995-1996 T細胞受容体とMHC IIの相互作用の研究
1996-2004 MHC Class IIタンパク質とペプチドの結合の熱力学的研究
2004-   TCR認識を容易にするMHC Class IIタンパク質の動態の研究
2004-   自己免疫疾患に関わるMHCの構造の多様性の解析
研究職歴 1988-1993 ワシントン大学ハワードヒューズ医学研究所、セントルイス、MO USA
1993-1996 ナショナルジューイシュ医学研究所、デンバー、CO USA
1996- 東京理科大学生命科学研究所
性別
生年月
研究キーワード 免疫生化学、分子生物学
研究分野 構造生物化学 (TCR MHC)
生物物理学 (Protein Fluctuation)
免疫学 (MHC TCR)
研究課題 T細胞受容体とそのリガンドの物理化学的研究
先天的免疫に関わる受容体の構造と機能
サイトカインの構造と機能
受賞
学会活動
客員教授

トピックス

!!自己免疫疾患の新しい発現機構を発見!!
◆主要組織適合性抗原(MHC)上に提示される病原体由来のタンパク質断片(抗原ペプチド)の1分子内部動態を高速X線回折像からリアルタイム動画撮影に成功。 ◆抗原ペプチド1分子内部動態はMHC本体の分子動態と独立であることを実証。 ◆自己免疫疾患を起こす抗原ペプチドは分子内部動態が激しく、新たな認識構造を生み出す可能性があるため、この動きを制御できれば、新しい免疫病予防法が実現可能。

アクセス

詳細はこちら
  • オリジナルホームページ

ページのトップへ