古屋 俊樹 フルヤ トシキ FURUYA Toshiki 講師

理工学部 応用生物科学科

古屋研究室

教員プロフィール

連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL
出身大学 1999年 早稲田大学 理工学部 応用化学科 卒業
出身大学院 2004年 早稲田大学 理工学研究科 応用化学専攻 博士課程 修了
取得学位 早稲田大学 博士(工学) 課程
研究経歴 2003-2004 微生物機能を活用した軽油脱硫技術の開発に関する研究
2004-2006 高性能質量分析装置を活用した機能未知酵素の基質探索法の開発に関する研究
2006-2009 環境遺伝子資源からの有用酵素の効率的探索技術の開発に関する研究
2009-2016 酸素添加酵素の有用化合物合成への応用に関する研究
2016-   新規微生物・酵素の探索、機能解析と応用に関する研究
研究職歴 2003-2004 早稲田大学理工学部応用化学科 助手
2004-2006 (財)かずさDNA研究所 プロジェクト研究員
2006-2009 日本学術振興会 博士特別研究員
2009-2011 早稲田大学理工学研究所 次席研究員
2011-2016 早稲田大学先進理工学部応用化学科 助教
2016-   現在に至る
性別
生年月
研究キーワード 微生物・酵素バイオテクノロジー
研究分野 応用生物化学 (微生物代謝、酵素変換、有用物質生産、環境浄化、酸化酵素)
研究課題
受賞
2017年8月30日
環境微生物系学会合同大会2017 博士号取得者部門 優秀ポスター賞 (環境バイオテクノロジー学会等)
「Mycobacterium属細菌のアセトンをアセトールに変換する酸化酵素の同定、古屋俊樹、中尾友美、木野邦器.」
2016年9月28日
第24回生物工学論文賞 (日本生物工学会)
「Alteration of the substrate specificity of cytochrome P450 CYP199A2 by site-directed mutagenesis (JBB, Vol. 119, No. 1, 47, 2015), T Furuya, Y Shitashima, K Kino.」
2013年10月
2013年度化学・生物素材研究開発奨励賞 (バイオインダストリー協会)
「二核鉄型酸化酵素を利用した高選択酸化プロセスの開発」
2012年6月
第13回酵素応用シンポジウム研究奨励賞 (天野エンザイム株式会社)
「Mycobacterium属細菌が有するユニークな酸化酵素の機能解析と応用」
2011年9月
平成23年度酵素工学奨励賞 (酵素工学研究会)
「ゲノム情報を基盤とした有用酸化酵素の開発に関する研究」
受賞を全件表示
学会活動
2017年6月1日~2019年5月31日
日本生物工学会
学会誌及び論文誌の編集者
客員教授

アクセス

詳細はこちら

ページのトップへ