佐藤 聡 サトウ アキラ SATO Akira 講師

薬学部 薬学科

生化学研究室(佐藤聡研究室)

教員プロフィール

連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL
出身大学 2003年 東北薬科大学 薬学部 衛生薬学科 卒業
出身大学院 2008年 岡山大学 医歯薬学総合研究科 創薬生命科学 博士課程 修了
取得学位 岡山大学 博士(薬学) 課程
研究経歴
研究職歴 200804-200808 岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 特別契約職員(助教)
200809-201308 岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 助教
201309-201403 独立行政法人 国立がん研究センター研究所 研究員
201404-201703 東京理科大学薬学部 助教
201704-201803 東京理科大学薬学部 特別講師
201804- 東京理科大学薬学部 講師
性別
生年月
研究キーワード 細胞死、ネクローシス、アポトーシス、プロテオミクス、ゲノミクス、マイクロRNA
研究分野 生物系薬学 (細胞死、ネクローシス、アポトーシス、プロテオミクス)
研究課題
受賞
2017年6月15日
第21回日本がん分子標的治療学会学術集会ポスター賞 (第21回日本がん分子標的治療学会学術集会)
「NAD+生合成経路のkey enzyme, nicotinamide phosphoribosyltransferaseを標的とした新規制がん剤の創製」
2016年9月17日
平成28年度日本薬学会関東支部奨励賞 (日本薬学会関東支部)
「がん細胞のネクローシス/アポトーシス切替え制御機構の解明と新規制がん戦略」
2012年7月28日
平成24年度日本Cell Death学会奨励優秀演題賞 優秀演題 (第21回日本Cell Death学会)
「細胞がネクローシスで死ぬかアポトーシスで死ぬかを制御する因子の探索研究」
学会活動
客員教授

トピックス

Update 13-APR-2018
博士後期課程2年荻野暢子さんが日本薬学会第138年会(金沢)学生優秀発表賞(口頭発表の部)を受賞しました。
発表テーマ:Nicotinamide phosphoribosyltransferase阻害剤に対するがん耐性機構の解析

Update 1-APR-2018
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科との共同研究成果がParasitology Internationalに掲載されました。
Blay E. A., Kumagai T., Yamabe M., Hino A., Shimogawara R., Kim H.-S., Sato A., Ichimura K., Ayi I., Iwanaga S., Ohta N. Insights into the mode of action of 1,2,6,7-tetraoxaspiro [7.11] nonadecane (N-89) against adult Schistosoma mansoni worms. Parasitology International, 67(4), 403-412, 2018.

Update 27-MAR-2018
博士後期課程1年荻野暢子さんがfirst authorの論文がOncotarget (IF=5.168)に掲載されました。
Ogino Y., *Sato A., Uchiumi F., *Tanuma S. Cross resistance to diverse anticancer nicotinamide phosphoribosyltransferase inhibitors induced by FK866 treatment. Oncotarget, 9 (23), 16451-16461, 2018. (*, corresponding authors)

アクセス

詳細はこちら

ページのトップへ