古市 貞一 フルイチ テイイチ FURUICHI Teiichi 教授

理工学部 応用生物科学科

分子神経科学研究室

教員プロフィール

連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)  内線:3459
TEL : 04-7124-1501 (直通)
FAX : 04-7122-9303
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.lmn.bs.noda.tus.ac.jp
http://www.bs.noda.tus.ac.jp/
http://www.lmn.bs.noda.tus.ac.jp/#!furuichi-info/c1hvv (英文)
出身大学 1980年 信州大学 理学部 生物学科 卒業
出身大学院 1986年 東京都立大学 理学研究科 生物学専攻 博士課程 中退
取得学位 東京都立大学 博士(理学) 論文
研究経歴 2011-現在: 脳神経回路の発達とその障害の分子神経生物学、小脳発達のトランスクリプトーム基盤の神経情報科学
1999-2010: 脳の発達とその障害の分子機構の研究、小脳発達トランスクリプトーム(CDT-DB)研究
1992-1998: IP3受容体Ca2+放出チャネルの構造機能相関とIP3誘導Ca2+シグナル伝達の研究
1986-1991: 脳神経系で発現するイノシトール三リン酸受容体の分子クローニング
1983-1985: 社会性粘液細菌ミクソバクテリアの分子遺伝学、分枝RNA連結多コピー一本鎖DNA(msDNA)の研究
1981-1982: サルモネラ菌由来多剤耐性プラスミドR64 DNAの構造・機能解析
研究職歴 2011-現在: 東京理科大学理工学部 教授
2012-現在: 理化学研究所脳科学総合研究センター 客員研究員(兼任)
2011: 理化学研究所脳科学総合研究センター 非常勤チームリーダー(兼任)
2009-2010: 埼玉大学大学院理工学研究科 連携教授(兼任)
2009-2010: 広島大学大学院院医歯薬学総合研究科 客員教授(兼任)
1999-2010: 理化学研究所脳科学総合研究センター チームリーダー
1992-1998: 東京大学医科学研究所 助教授
1989-1991: 基礎生物学研究所 助手
1986-1988: 基礎生物学研究所 協力研究員
1983-1986: 米国ニューヨーク州立大学ストニーブルック校 訪問大学院生
性別
生年月
研究キーワード 分子神経科学、脳発達の分子神経生物学
研究分野 生体生命情報学 (神経情報科学;データベース)
神経科学一般 (脳発達;シナプス;神経回路形成;発達障害)
神経化学・神経薬理学 (シナプス;神経栄養因子;カテコールアミン;遺伝子発現)
機能生物化学 (有芯小胞;分泌)
研究課題 脳の発達とその障害の分子機構の研究
受賞
学会活動
2011年4月1日~2014年3月31日
日本神経化学会
評議員
2011年4月1日~2014年3月31日
日本生化学会
評議員
客員教授
2013年4月1日~2016年3月31日
独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター

トピックス

1)ニューロン・シナプス・神経回路の発達に関連する遺伝子の探索と機能解析
2)神経栄養因子の分泌異常などをもつ疾患モデル動物を用いた脳発達と行動障害に関する研究
3)小脳皮質神経回路の発達に関わる遺伝基盤のニューロインフォマティクス(神経情報科学)

アクセス

詳細はこちら
  • オリジナルホームページ

ページのトップへ