伊藤 拓海 イトウ タクミ ITO Takumi 准教授

工学部 建築学科

伊藤(拓)研究室

教員プロフィール

連絡先 〒125-8585 東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/tito-lab/
出身大学 1999年 東北大学 工学部 建築学科 卒業
出身大学院 2004年 東京大学 工学系研究科 建築学専攻 博士課程 修了
取得学位 東京大学 博士(工学) 課程
研究経歴
研究職歴 2004- 東京大学 助手
2004- 東京大学生産技術研究所 研究機関研究員
2007- 東京大学 助教
2009- 東京理科大学 講師
2013- 東京理科大学 准教授
性別
生年月
研究キーワード 鋼構造、合成構造、耐震工学、応用力学、ハイブリッド実験、IoT
研究分野 建築構造・材料 (鋼構造学、耐震工学、設計法、応用力学、ハイブリッド実験)
研究課題 柔性型鉄骨接合部の研究開発
座屈・破断を伴う鋼構造部材の終局挙動に対する修正スケルトン・シフト・モデルの開発
不満足度ノルム最小応力場に基づく構造設計ストラテジーの同定
鋼構造物の修復限界性能設計法に関する研究
樹脂系材料の耐久性に関する研究
鋼構造物の冗長性設計法の開発 -鋼構造物のしたたかさ-
既存建築構造物の鉄骨架構増築による構造性能リニューアルに関する研究
基礎鋼製化に関する研究開発
受賞
2007年3月
関東支部若手優秀研究報告賞 (日本建築学会)
「鉄骨せん断型骨組の塑性崩壊に関する降伏曲面モデルへの硬化則の適用」
2004年8月
日本建築学会奨励賞(論文賞) (日本建築学会)
「鋼構造多層ラーメン骨組の簡略化塑性崩壊面モデルによる非線形動的応答解析」
2004年6月
日本鋼構造協会業績賞(論文賞) (日本鋼構造協会)
「部材消失による骨組構造物の鉛直荷重支持能力の感度解析」
2003年6月
日本鋼構造協会業績賞(論文賞) (日本建築学会)
「多層骨組のオンライン実験と簡略化安全領域による非線形動的解析」
学会活動
2014年6月~2014年11月
SF鉄骨構造開発研究会準備会
委員
2013年4月1日~2015年3月31日
日本建築学会 災害委員会
委員
2013年4月1日~2016年3月31日
日本建築学会 構造本委員会 応用力学運営委員会 構造物のレジリエンス評価小委員会
委員
2013年4月~2015年3月
日本建築学会 次世代の構造系解析インターフェース委員会
委員
2013年4月~2015年3月
日本建築学会 材料施工本委員会 鉄骨工事運営委員会 鉄骨精度測定小委員会
委員
学会活動を全件表示
客員教授

トピックス

鋼構造物の構造性能と設計法に関する研究を行っています。数理理論、非線形数値解析、各種構造実験を用いて、ランダム外乱下で鋼構造物はいかなる挙動を示すのかについて、多角的なアプローチから解釈することを試みています。

アクセス

  • オリジナルホームページ

ページのトップへ