橋詰 峰雄 ハシヅメ ミネオ HASHIZUME Mineo 教授

工学部 工業化学科

橋詰研究室

教員プロフィール

連絡先 〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
TEL : 03-3260-4271 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.tus.ac.jp/hashizume_lab/Home.html
出身大学 1994年 東京工業大学 生命理工学部 生体分子工学科 卒業
出身大学院 1999年 東京工業大学 生命理工学研究科 バイオテクノロジー専攻 博士課程 修了
取得学位 東京工業大学 博士(工学) 課程
研究経歴 1993-1999 脂質膜上での糖鎖認識に関する研究に従事
1999-2000 カルボン酸捕捉人工レセプターの合成と評価に関する研究に従事
2000-2002 自己支持性(高分子/金属酸化物)複合超薄膜の作製に関する研究に従事
2002-2008 有機−無機ハイブリッドベシクル「セラソーム」の機能化に関する研究に従事
2008-現在 生体のシステムに倣った有機−無機ナノハイブリッドの作製に関する研究に従事
研究職歴 199606-199609 オーストラリア CSIRO研究所 研究員
1997-1999 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
1999-2000 テキサス大学オースチン校 化学・生化学科 博士研究員
2000-2002 理化学研究所 フロンティア研究システム 時空間機能材料研究グループ フロンティア研究員
2002-2007 奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 助手
2007-2008 同 助教
2008-2012 東京理科大学工学部第一部 講師
2012-2016 同 准教授
2016-2017 東京理科大学工学部 准教授
2017- 同 教授(現職)
性別
生年月 1971年11月
研究キーワード 生物有機化学、複合材料化学
研究分野 生体関連化学 (ナノハイブリッド材料, 生体材料)
研究課題
受賞
2016年5月29日
本学教員らの論文が英国王立化学会発行Journal of Materials Chemistry BのBack Coverに選定 (英国王立化学会)
「本学教員らの論文が英国王立化学会発行Journal of Materials Chemistry BのBack Coverに選定」
学会活動
2017年4月8日~2019年2月28日
公益社団法人 日本化学会
コロイドおよび界面化学部会 役員会 役員
2017年4月8日~2019年2月28日
公益社団法人 日本化学会
コロイドおよび界面化学部会 編集委員会 委員
2017年3月1日~2019年2月28日
公益社団法人 日本化学会
代表正会員(関東支部)
2015年4月10日~2019年2月28日
公益社団法人 日本化学会
コロイドおよび界面化学部会 討論会委員会 委員
2015年4月10日~2019年2月28日
公益社団法人 日本化学会
コロイドおよび界面化学部会 広報委員会 委員
学会活動を全件表示
客員教授

アクセス

詳細はこちら
  • オリジナルホームページ

ページのトップへ