北村 春幸 キタムラ ハルユキ KITAMURA Haruyuki 教授

理工学部 建築学科

北村研究室

教員プロフィール

連絡先 〒278-8510 千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL
出身大学 1974年 神戸大学 工学部 建築学 卒業
出身大学院 1976年 神戸大学 工学研究科 建築学 修士課程 修了
取得学位 東京大学 博士(工学) 論文
研究経歴 1976-2001 建築構造設計に従事
研究職歴 2001- 東京理科大学,教授
性別
生年月
研究キーワード
研究分野 建築構造・材料 (建築構造設計、耐震構造、免震構造、制振構造)
研究課題 免震部材・制振部材の熱・力学的連成挙動の建物応答に与える影響評価
免震・制振構造の設計法に関する研究
長周期地震動と超高層建物の耐震性に関する研究
耐震性能設計法に関する研究
免震建物−地盤系の多点同時地震観測
長期観測に基づく免震建物の構造モニタリング関する研究
長寿命建築物が遭遇する全ての強震動を想定したライフサイクル累積損傷評価設計法
受賞
2013年6月4日
第14回 日本免震構造協会技術賞 ((社)日本免震構造協会)
「繰り返し大変形下の積層ゴム力学特性変化と地震応答評価法に関する一連の研究」
2005年4月
2005年日本建築学会賞(技術) (日本建築学会)
「中間階に免震層を持つ高層建築物のマスダンパー効果を利用した設計技術の開発と実現」
2003年6月
第4回 日本免震構造協会技術賞 ((社)日本免震構造協会)
「非同調マスダンパー効果を持つ中間層免震構造の設計法の開発」
1992年6月
第3回JSCA賞 ((社)日本建築構造技術者協会)
「千葉ポートタワーなどの塔状構造物に設置した制振装置の開発」
学会活動
2011年4月1日~2013年3月31日
日本建築学会
構造委員会・長周期建物調査WG
2011年4月1日~2013年3月31日
日本建築学会
構造委員会・長周期建物対応小委員会主査
2009年4月1日~2013年3月31日
日本建築学会
構造委員会・構造物の地震応答評価指標WG主査
2009年4月1日~2011年3月31日
日本建築学会
構造委員会・長周期建物対応WG主査
2007年9月1日~2009年3月31日
日本建築学会
構造委員会・振動運営委員会・耐震設計小委員会・応答評価指標WG 主査
学会活動を全件表示
客員教授
2007年4月1日~2009年3月31日
京都大学
2006年3月3日~2009年3月2日
西安交通大学

アクセス

詳細はこちら

ページのトップへ