今本 啓一 イマモト ケイイチ IMAMOTO Kei-ichi 教授

工学部第二部 建築学科

今本研究室

教員プロフィール

連絡先 〒125-8585 東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL : 03-5876-1717 (代表)
電子メールアドレス
ホームページURL http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/imamoto/
出身大学 1990年 東京理科大学 工学部 第一部 建築学科 卒業
出身大学院 1992年 東京理科大学 工学系研究科 建築学専攻 修士課程 修了
取得学位 大同工業大学 博士(工学) 論文
研究経歴
研究職歴 199204- 東急建設㈱ 技術研究所 建築材料研究室
200104- 足利工業大学 専任講師
200604- 同上 助教授
200704- 同上 准教授
200804- 東京理科大学 准教授
性別
生年月
研究キーワード 素材と建築,材料設計
研究分野 建築構造・材料 (素材と建築,材料設計)
研究課題 建築素材の科学的視点と挙動予測
黎明期の建築物の素材調査と保存・修復のための復元技術の開発
建築素材分野における環境負荷低減
受賞
2018年4月5日
科学技術功労賞 (公益財団法人 スガウェザリング技術振興財団)
「歴史的鉄筋コンクリート造建築物の保存方法の構築」
2017年4月26日
日本コンクリート工学会賞 論文賞 (公益社団法人 日本コンクリート工学会)
「高炉セメントコンクリートの収縮 ひび割れ抵抗性の低下メカニズ ムの解明と実際的な向上対策の 提案に関する研究」
2012年5月15日
日本建築仕上学会論文賞 (日本建築仕上学会)
「仕上げを施したコンクリート部材の乾燥収縮特性に関する一連の研究」
2008年12月23日
Three outstanding papers of 2008 -- Selection of the ACT Advisory and Editorial Board((社)日本コンクリート工学協会)
「Stochastic Approach to Shrinkage Cracking Control for Reinforced Concrete Structural Elements」
2008年8月
日本建築学会奨励賞(論文) (日本建築学会)
「各種骨材を用いたコンクリートの乾燥収縮特性と骨材比表面積の影響」
学会活動
2010年5月31日~2012年3月
(社)日本コンクリート工学協会 コンクリートの収縮特性評価およびひび割れへの影響に関する研究委員会
幹事
2010年4月~2014年3月
(社)日本建築学会 講習会用材料テキスト作成委員会
幹事
2010年4月~2012年3月
(社)日本コンクリート工学協会 ISO/TC対応国内委員会WG
委員
2010年4月~2012年3月
(社)日本建築学会 収縮低減材料を用いたコンクリートの調合・施工に関する研究小委員会
WG幹事
2009年9月~2012年3月
(社)日本建築学会 高炉スラグ細骨材を用いるコンクリート施工指針改定WG
委員
学会活動を全件表示
客員教授

アクセス

  • オリジナルホームページ

ページのトップへ