総合化学専攻

専攻紹介

現代社会が直面する環境保全・エネルギー資源の確保および難病克服等に関するグローバルな課題の解決に向け、理学・工学の化学系研究者が個々の独創的な研究分野における先端的な技術を発展させつつ、縦割りの研究意識を排しながら結集し、互いの研究内容をよく認識しあい、バリアフリーな教育研究環境と密接な協力体制を構築。理学の知と工学の知を融合させ、現代社会のグローバルな課題に機動的に対処しつつ先端的な教育と研究を行います。

修士課程
物質の性質と変化を深く理解する基礎学力を身に付けるとともに、社会に必要な物質・エネルギーを創製・開発する能力や、地球環境、生命現象に関する高度の知識を身に付け、住みよい社会を持続的に構築してゆくことに貢献できる能力を備え、社会的良心に溢れた、広範な分野で活躍できる研究者・技術者の育成をはかっていきます。
博士後期課程
化学に関連する卓越した専門性と国際的な感覚を身に付け、新たな学問領域の開拓を先導し、活発な学会活動を展開することのできる第一線の研究者、および新たな化学技術の開発とともに住みよい社会の持続的な構築を主導することのできる第一線の技術者を育成します。

理念・目的・教育目標

総合化学研究科では、物質に関する基礎的な物性、変化、諸現象を深く理解し、各専門分野における高度な専門知識及び応用能力を持ち、持続可能な住みよい社会の構築に貢献することのできる社会的良心に溢れる人材を育成するとともに、自立した研究活動によって化学の学術水準の向上に寄与することのできる研究者・技術者・教育者を育成します。

修士課程は、化学に携わる研究者・技術者・教育者として、化学系学部学科における一般的および専門的教育の基礎の上に化学に関する深い学識を修め、持続可能な住みよい社会の構築に貢献することのできる能力を備えた人材を育成・輩出することを目的とします。

博士後期課程は、化学に関連した卓越した専門性と国際感覚を身につけ、新たな学問領域や科学技術の開拓・開発を先導し化学の最前線をさらに前進させるとともに、持続可能な住みよい社会の構築を主導することのできる第一線の研究者・技術者・教育者を育成・輩出することを目的とします。

教育課程

本専攻の下には「分子集積・分子科学コース」「合成・反応有機化学コース」「機能・生体材料化学コース」「エネルギー・環境化学コース」「工業化学コース」の5コースが設置されます。

分子集積・分子科学コース
特殊環境下にある原子・分子、分子集積体等の基礎物性とその設計・合成・解析手法を、微視的・分子論的に理解する基礎力と実験技術を教授し、もって現代社会を豊かにする新規物質・材料等の開発研究を戦略的に主導できる研究者・技術者を輩出します。
合成・反応有機化学コース
有機化合物は世の中で用いられる機能性材料、医農薬の大半を占めます。したがって、合成・反応有機化学コースでは、分子レベルで有機化合物の反応を深く理解し、これを適切に合成して研究開発を行う能力を持つ人材を育成します。
機能・生体材料化学コース
現在利用・開発されている機能材料や生体材料の構造および機能発現のメカニズム等を十分に理解するとともに、その知識をもとに新たな機能性材料の創製へと発展させることのできる人材を育成します。
エネルギー・環境化学コース
学部教育で養われた化学の知識・考え方を基礎とし、エネルギー・環境問題に関する幅広い視野を養います。本コースで学んだ知識・考え方をもとに、将来、この分野で研究者・技術者・教育者として社会で活躍できる人材を育成します。
工業化学コース
化学工業に携わる研究者、あるいは技術者として求められる学識と研究方法を習得し、社会の持続的発展に貢献する技術や物質の製造方法を、自ら開発・創出できる能力を持った人材を育成します。

授業科目表(修士課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
分子集積・
分子科学コース
分子科学基礎 1 選択必修 1
分子科学特論1 2 選択必修 1・2
分子科学特論2 2 選択必修 1・2
分子科学特論3 2 選択必修 1・2
分子集積化学基礎 1 選択必修 1
分子集積化学特論1 2 選択必修 1・2
分子集積化学特論2 2 選択必修 1・2
分子集積化学特論3 2 選択必修 1・2
分子集積化学特論4 2 選択必修 1・2
分子集積化学特論5 2 選択必修 1・2
合成・
反応有機化学
コース
合成有機化学特論1 2 選択必修 1・2
合成有機化学特論2 2 選択必修 1・2
合成有機化学特論3 2 選択必修 1・2
合成有機化学特論4 2 選択必修 1・2
合成有機化学特論5 2 選択必修 1・2
反応有機化学特論1 2 選択必修 1・2
反応有機化学特論2 2 選択必修 1・2
反応有機化学特論3 2 選択必修 1・2
反応有機化学特論4 2 選択必修 1・2
反応有機化学特論5 2 選択必修 1・2
機能・
生体材料化学
コース
バイオミメティクス特論 1 選択必修 1
生体情報化学特論 1 選択必修 1
機能性材料化学特論 2 選択必修 1・2
機能性高分子化学特論 2 選択必修 1・2
材料物性論 2 選択必修 1・2
生命材料界面化学 2 選択必修 1・2
生体材料解析法特論 2 選択必修 1・2
生体材料化学特論 2 選択必修 1・2
材料・デバイス科学特論 2 選択必修 1・2
有機材料化学特論 2 選択必修 1・2
エネルギー・
環境化学コース
環境化学特論1 2 選択必修 1・2
環境化学特論2 2 選択必修 1・2
エネルギー変換化学1 2 選択必修 1・2
エネルギー変換化学2 2 選択必修 1・2
エネルギー材料化学1 2 選択必修 1・2
エネルギー材料化学2 2 選択必修 1・2
環境分析化学 2 選択必修 1・2
エネルギーシステム化学 2 選択必修 1・2
工業化学コース 工業分析化学特論1 2 選択必修 1・2
工業分析化学特論2 2 選択必修 1・2
化学工学特論1 2 選択必修 1・2
化学工学特論2 2 選択必修 1・2
化学工学特論3 2 選択必修 1・2
化学工学特論4 2 選択必修 1・2
化学工学特論5 2 選択必修 1・2
界面化学特論1 2 選択必修 1・2
界面化学特論2 2 選択必修 1・2
専門必修科目 化学特別研究1 8 必修 1
化学特別研究2 8 必修 2
共通基盤科目 化学特別講義1 1 選択 1・2
化学特別講義2 1 選択 1・2
化学特別講義3 1 選択 1・2
化学特別講義4 1 選択 1・2
科学者・技術者の倫理 1 選択 1・2
環境安全科学 1 選択 1・2
知財情報科学 1 選択 1・2
グリーン&セーフティ科学特論1 2 選択 1・2
グリーン&セーフティ科学特論2 2 選択 1・2
ウォーターサイエンス特論 2 選択 1・2
教養 知的財産特論 2 選択 1・2
科学文化概論 2 選択 1・2
サイエンス・ライティング 2 選択 1・2
Academic English1 2 選択 1・2
Academic English2 2 選択 1・2
大学院要覧 修士課程修了所要単位数
必修 選択
16 14(※注) 30

(※注)所属するコースの選択必修科目6単位以上を含む

授業科目表(博士後期課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
分子集積・
分子科学コース
分子集積・分子科学研究1 10 選択必修 1
分子集積・分子科学研究2 10 選択必修 1・2・3
分子集積・分子科学研究3 10 選択必修 1・2・3
合成・
反応有機化学
コース
合成・反応有機化学研究1 10 選択必修 1
合成・反応有機化学研究2 10 選択必修 1・2・3
合成・反応有機化学研究3 10 選択必修 1・2・3
機能・
生体材料化学
コース
機能・生体材料化学研究1 10 選択必修 1
機能・生体材料化学研究2 10 選択必修 1・2・3
機能・生体材料化学研究3 10 選択必修 1・2・3
エネルギー・
環境化学コース
エネルギー・環境化学研究1 10 選択必修 1
エネルギー・環境化学研究2 10 選択必修 1・2・3
エネルギー・環境化学研究3 10 選択必修 1・2・3
工業化学コース 工業化学研究1 10 選択必修 1
工業化学研究2 10 選択必修 1・2・3
工業化学研究3 10 選択必修 1・2・3
大学院要覧 博士後期課程修了要件
各コースで定めた選択必修科目を30単位修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格すること。

教員一覧

専攻部門 担当教員 研究分野
分子集積・分子科学 教授 秋津 貴城 無機化学、錯体化学
教授 佐竹 彰治 超分子化学、機能性分子化学
教授 田所 誠 超分子錯体化学
教授 築山 光一 レーザー分光学、量子化学
教授 宮村 一夫 金属錯体化学
教授 山田 康洋 無機光化学、放射化学
教授 由井 宏治 レーザー分光学、溶液化学
准教授 根岸 雄一 物理化学、クラスター化学
准教授 渡辺 量朗 表面物理化学、プラズモニック光化学
講師 榎本 真哉 錯体化学、物性化学
合成・反応有機化学 教授 斎藤 慎一 有機金属化学、反応有機化学
教授 椎名 勇 天然物化学、有機合成化学
教授 杉本 裕 有機合成化学、高分子合成化学
教授 硤合 憲三 反応有機化学、キラル化学
准教授 遠藤 恆平 有機化学(分子触媒、有機金属化学)
准教授 河合 英敏 構造有機化学、超分子化学
准教授 松田 学則 合成化学、有機元素化学
講師 今堀 龍志 反応有機化学、機能性分子触媒化学
講師 木村 力 有機合成化学、有機金属化学
機能・生体材料化学 教授 大塚 英典 界面・コロイド化学
教授 佐々木 健夫 液晶、高分子化学
教授 鳥越 秀峰 生物物理化学、構造生物学
准教授 青木 健一 機能性高分子、高分子集合体
准教授 下仲 基之 分子細胞生物学
准教授 橋詰 峰雄 生物有機化学、複合材料化学
准教授 古海 誓一 物理化学、有機材料化学
講師 中 裕美子 高分子・繊維材料
講師 湯浅 順平 機能物性化学
エネルギー・環境化学 教授 工藤 昭彦 触媒化学、無機光化学
教授 駒場 慎一 電気化学、電池材料科学
教授 中井 泉 物質史、環境化学
准教授 田中 優実 無機化学、電気化学
准教授 永田 衞男 機能物質化学(有機系太陽電池、人工光合成)
工業化学 教授 大竹 勝人 超臨界流体利用工学
教授 河合 武司 界面科学、分光学
教授 近藤 行成 工業物理化学、コロイド化学
教授 庄野 厚 抽出分離、物質移動
講師 国村 伸祐 分析化学、X線分析

ページのトップへ