生命科学研究科

研究科紹介

人間を含む生命系の営みの根源となる生命活動を分子・遺伝子レベルで解明し、癌、免疫病、遺伝病等の難病を克服し、人類の健康と福祉に貢献するのが生命科学です。生命科学研究科では、細胞生物学、免疫学、分子生物学、構造生物学、発生学、分子医学、再生医学、バイオテクノロジーなどを軸に、生命科学の基礎全般にわたるハイレベルな専門研究教育を実施し、従来の専門分野にとらわれることなく、多角的な視点から研究活動ができる人材を育てるとともに、生命科学の“知”の拠点として研究成果を世界に発信することを目的としています。したがって、異なる分野で科学の基礎を学んだ学生が世界各地から集まることも期待されています。まさに、新しい大学院教育のあり方を提案する画期的な試みと言えるでしょう。

専攻一覧

理念・目的・教育目標

「人類社会の調和的発展のための科学と技術の創造」をめざし、生命科学の教育と研究を通して、人類社会の調和的発展、文化的生活、福祉に貢献するための科学と技術の創造を担う人材を育成します。

修士課程は、生命科学の急速な進展に対応できる広い視野を持って生命体の分子機構の解明を志し、高度の専門知識及び研究能力を有する人材を育成することを目的としています。
博士後期課程は、独創的研究によって、従来の学術水準に新しい知見を加え、文化の進展に寄与するとともに、専攻分野に関し自立した研究活動を行うことが出来る高度の能力を養うことを目的としています。

ページのトップへ