電気工学専攻

専攻紹介

マスコミが実施する大学生の就職希望調査によると、理科系学生の人気企業として、例年多くの電気関連企業が含まれています。加えて、その募集人員も他分野を圧倒するほどで、この事実は技術立国を目指すわが国において、「電気工学」が重要な基礎技術のひとつとして認知されていることを端的に物語るものといえるでしょう。また、最近では産業構造の変革が強く求められていますが、電気工学が今後の情報化社会を牽引していく中核として位置づけられていることは疑いようもありません。

理工学研究科電気工学専攻では、マルチメディア時代の中核を担う画像情報処理や情報セキュリティ、またデジタル伝送方式や光通信・移動体通信、さらに医用生体電子等の情報通信関連の諸研究、「産業の米」と呼ばれる集積回路や半導体デバイス、さらには電子材料を研究するエレクトロニクス関係の研究や、電気工学を構成する重要な分野としてエネルギー・制御系、パワーエレクトロニクス、宇宙システムやロボット制御などに関する研究も活発に行われています。

また、ボーダレス化する学問への対応として「連携大学院方式」を導入。産業技術総合研究所などの研究所と連携し、最先端の指導が受けられるようなシステムが施されています。

本専攻は、博士課程はいうまでもなく、修士課程を修了した学生でも第一線の研究開発職に就いて活躍できることを目標とします。実際、本専攻の修了生は、電気系の企業をはじめとして、多くの企業から高い評価を受けており、景気の動向に左右されない恵まれた就職環境にあります。なかには在学中の研究発表が認められ、大企業の研究所等から名指しで就職の勧誘を受ける学生もかなりいます。

理念・目的・教育目標

電気工学専攻修士課程は、電気工学(エネルギー・環境問題や制御システム等)、電子工学(電子デバイス・材料や電子回路等)、情報通信工学(通信システムや信号処理・情報セキュリティ等)の3分野を包含しています。この3分野に亘る基礎知識を基に、より高度な教育を行い、専門性の高い第一線の研究者・技術者として具備すべき能力を育成します。

電気工学専攻博士後期課程では、修士課程で培った電気、電子、情報通信工学の専門知識と研究能力に加え、研究を通じた実践教育を介して研究企画・推進能力を身に付け、専門分野において独創的かつ創造的研究を行い、それらを一つの学問体系として究めることのできる、自立した研究者として具備すべき高度な能力を育成します。

授業科目表(修士課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
通信工学 電磁環境工学特論 2 選択 共通
応用非線形光学 2 選択 共通
光通信工学 2 選択 共通
情報通信ネットワーク 2 選択 共通
通信・
ネットワーク工学
ディジタル通信 2 選択 共通
情報理論特論 2 選択 共通
移動無線通信システム 2 選択 共通
コンピュータネットワーク特論 2 選択 共通
情報数学特論 2 選択 共通
医用電子工学特論 2 選択 共通
画像情報工学 信号処理特論 2 選択 共通
アルゴリズム特論 2 選択 共通
知能制御工学 知能・自律システム制御技術 2 選択 共通
制御工学 制御工学特論 2 選択 共通
電力工学 高電圧工学特論 4 選択 共通
プラズマ物性特論 2 選択 共通
電気エネルギー工学 2 選択 共通
視環境工学 2 選択 共通
パワーエレクトロニクス特論 2 選択 共通
太陽光・風力発電特論 2 選択 共通
エネルギー変換工学特論 2 選択 共通
電子回路
システム工学
電子計算機特論 4 選択 共通
集積回路工学特論 4 選択 共通
電子回路特論 2 選択 共通
アナログ信号処理特論 2 選択 共通
電気材料物性工学 電気材料学特論I 2 選択 共通
電気材料学特論II 2 選択 共通
誘電体材料学特論 2 選択 共通
半導体工学 電子デバイス工学特論 4 選択 共通
半導体物性特論 2 選択 共通
光通信素子工学特論 2 選択 共通
半導体光デバイス特論 2 選択 共通
  実験及び演習I 4 必修 1
実験及び演習II 4 必修 2
文献研究I 4 必修 1
文献研究II 4 必修 2
宇宙理工学概論 2 選択 共通

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 修士課程修了所要単位数
必修 選択
16 14 30

授業科目表(博士後期課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
エネルギー・
環境・制御工学
エネルギー・環境・制御工学特別研究1A 5 選択 1
エネルギー・環境・制御工学特別研究1B 5 選択 1
エネルギー・環境・制御工学特別研究2A 5 選択 2
エネルギー・環境・制御工学特別研究2B 5 選択 2
エネルギー・環境・制御工学特別研究3A 5 選択 3
エネルギー・環境・制御工学特別研究3B 5 選択 3
物性・
デバイス・回路工学
物性・デバイス・回路工学特別研究1A 5 選択 1
物性・デバイス・回路工学特別研究1B 5 選択 1
物性・デバイス・回路工学特別研究2A 5 選択 2
物性・デバイス・回路工学特別研究2B 5 選択 2
物性・デバイス・回路工学特別研究3A 5 選択 3
物性・デバイス・回路工学特別研究3B 5 選択 3
情報通信工学 情報通信工学特別研究1A 5 選択 1
情報通信工学特別研究1B 5 選択 1
情報通信工学特別研究2A 5 選択 2
情報通信工学特別研究2B 5 選択 2
情報通信工学特別研究3A 5 選択 3
情報通信工学特別研究3B 5 選択 3

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 博士後期課程修了要件
自己の指導教員が担当する科目1~3について6科目30単位を修得すること。ただし、優れた研究業績を上げて在学期間が1年で修了する者は10単位、在学期間が2年で修了する者は20単位で可とする。

教員一覧

専攻部門 担当教員 研究分野
通信・
ネットワーク工学
教授 前田 讓治 光ファイバ伝送、非線形光学
教授 樋口 健一 ディジタル変復調、無線通信システム
講師 五十嵐 保隆 情報理論、符号理論、通信理論
講師 山本 隆彦 医用生体電子工学、電磁環境工学、
電波システム工学
画像情報工学 教授 伊東 晋 画像通信、画像情報処理
教授 松田 一朗 マルチメディア情報処理
電力工学 教授 星 伸一 パワーエレクトロニクス
准教授 近藤 潤次 電力システム工学、エネルギー工学
講師 片山 昇 燃料電池、エネルギー変換
知能制御工学 教授 木村 真一 自律制御、宇宙システム、ロボティクス
制御工学 准教授 中村 文一 非線形制御、ロボット制御
電子回路
システム工学
教授 兵庫 明 電子回路システム、電子計測システム、
集積回路システム
教授 楳田 洋太郎 情報通信用高速集積回路及びシステム
電気材料物性工学 教授 永田 肇 強誘電体セラミックス
半導体工学 教授 古川 昭雄 電子材料物性・デバイス
准教授 杉山 睦 半導体光デバイス、半導体物性
(連携大学院方式による客員教員および研究分野)
半導体工学 客員教授 奥村 元 ワイドギャップ半導体
(産業技術総合研究所)
※教授 古川 昭雄
客員教授 仁木 栄 薄膜系半導体
(産業技術総合研究所)
※教授 古川 昭雄
電力工学 客員教授 嘉藤 徹 燃料電池、水素製造
(産業技術総合研究所)
※教授 星 伸一
通信工学 客員教授 青柳 昌宏 電子システム集積工学
(産業技術総合研究所)
※教授 前田 讓治

※は副指導教員を表す。

ページのトップへ