応用生物科学専攻

専攻紹介

生物現象を物理的・科学的原理をもとに理解し、生命世界固有の原理を追究。また、基礎医学、有用物質の生産、環境問題などの応用の可能性についても研究するのが応用生物科学です。生命が命題ですから、人類にとって最も重要な課題と深く結びついた最先端科学ということができるでしょう。

理工学研究科応用生物科学専攻の専門分野は、生物化学、分子細胞学、発生生物学、分子病態学、光生物学、環境情報生物学、応用微生物学、微生物生態学、微生物分子生物学、生体物質化学、酵素学、生物物理学、生物有機化学の13部門からなりますが、その目的は、生命を個体レベル・細胞レベル・分子レベルの現象としてとらえ、その中にある原理の解明に向けられます。具体的には

  1. 個体レベル・細胞レベルの現象を対象にした生物学的・生理学的研究
  2. 生命現象の分子生物学的・数理的解析
  3. 生命現象の化学的・生化学的解析

が行われるわけです。

本学が誇る「連携大学院方式」は本専攻にも生かされ、産業技術総合研究所、国立感染症研究所、食品総合研究所、東京都医学研究機構(東京都臨床医学総合研究所)の研究員が客員教員として加わり、学際領域における最新の研究体制が整えられています。

また、その卒業生の活躍するエリアは極めて広く、研究者として国際的な舞台で先端研究に臨む者、あるいは企業の研究所や公立試験研究機関のメンバーとして活躍する者、さらには中等教育機関の教員や、専門分野における国家公務員として登用されています。実験研究者として欠かせない柔軟な思考と生物への関心を持ち、物理学や化学の言葉で生命現象を理解しようとする入学者を歓迎します。

理念・目的・教育目標

応用生物科学専攻は、微生物からヒトにいたる生命科学の基本法則を探求するとともに、理学・農学・医学薬学・環境工学上の問題を解決するための周到な実験戦略を立案・遂行する能力を有する人材を育成します。

授業科目表(修士課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
分子細胞生物学 システム生物学特論 2 選択 共通
タンパク科学特論 2 選択 共通
光生物学特論 2 選択 共通
1分子生物学特論 2 選択 共通
生命ネットワークIA 1 選択必修 1
生命ネットワークIB 1 選択必修 1
生命ネットワークIIA 1 選択必修 2
生命ネットワークIIB 1 選択必修 2
カイロモルフォロジー研究IA 1 選択必修 1
カイロモルフォロジー研究IB 1 選択必修 1
カイロモルフォロジー研究IIA 1 選択必修 2
カイロモルフォロジー研究IIB 1 選択必修 2
タンパク科学研究法IA 1 選択必修 1
タンパク科学研究法IB 1 選択必修 1
タンパク科学研究法IIA 1 選択必修 2
タンパク科学研究法IIB 1 選択必修 2
分子細胞動態学IA 1 選択必修 1
分子細胞動態学IB 1 選択必修 1
分子細胞動態学IIA 1 選択必修 1
分子細胞動態学IIB 1 選択必修 2
タンパク質作動機構研究IA 1 選択必修 1
タンパク質作動機構研究IB 1 選択必修 1
タンパク質作動機構研究IIA 1 選択必修 2
タンパク質作動機構研究IIB 1 選択必修 2
生命機能学 腫瘍生物学特論 2 選択 共通
神経科学特論 2 選択 共通
発生生物学特論 2 選択 共通
生物材料科学特論 2 選択 共通
分子腫瘍学IA 1 選択必修 1
分子腫瘍学IB 1 選択必修 1
分子腫瘍学IIA 1 選択必修 2
分子腫瘍学IIB 1 選択必修 2
分子神経科学IA 1 選択必修 1
分子神経科学IB 1 選択必修 1
分子神経科学IIA 1 選択必修 2
分子神経科学IIB 1 選択必修 2
分化と増殖IA 1 選択必修 1
分化と増殖IB 1 選択必修 1
分化と増殖IIA 1 選択必修 2
分化と増殖IIB 1 選択必修 2
生物材料科学研究IA 1 選択必修 1
生物材料科学研究IB 1 選択必修 1
生物材料科学研究IIA 1 選択必修 2
生物材料科学研究IIB 1 選択必修 2
環境生物科学 応用微生物学特論 2 選択 共通
細胞生物学特論 2 選択 共通
応用微生物学研究IA 1 選択必修 1
応用微生物学研究IB 1 選択必修 1
応用微生物学研究IIA 1 選択必修 2
応用微生物学研究IIB 1 選択必修 2
植物分子生理学IA 1 選択必修 1
植物分子生理学IB 1 選択必修 1
植物分子生理学IIA 1 選択必修 2
植物分子生理学IIB 1 選択必修 2
微生物の生態と系統IA 1 選択必修 1
微生物の生態と系統IB 1 選択必修 1
微生物の生態と系統IIA 1 選択必修 2
微生物の生態と系統IIB 1 選択必修 2
  特別講義I 2 選択 共通
特別講義II 2 選択 共通
特別講義III 2 選択 共通
特別講義IV 2 選択 共通
特別研究 16 必修 共通

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成27年度 大学院要覧 修了所要単位数
必修 選択必修 選択
16 4 10 30

授業科目表(博士課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
分子細胞生物学 分子細胞生物学博士特別研究1A 5 選択必修 1
分子細胞生物学博士特別研究1B 5 選択必修 1
分子細胞生物学博士特別研究2A 5 選択必修 2
分子細胞生物学博士特別研究2B 5 選択必修 2
分子細胞生物学博士特別研究3A 5 選択必修 3
分子細胞生物学博士特別研究3B 5 選択必修 3
生命機能学 生命機能学博士特別研究1A 5 選択必修 1
生命機能学博士特別研究1B 5 選択必修 1
生命機能学博士特別研究2A 5 選択必修 2
生命機能学博士特別研究2B 5 選択必修 2
生命機能学博士特別研究3A 5 選択必修 3
生命機能学博士特別研究3B 5 選択必修 3
環境生物科学 環境生物科学博士特別研究1A 5 選択必修 1
環境生物科学博士特別研究1B 5 選択必修 1
環境生物科学博士特別研究2A 5 選択必修 2
環境生物科学博士特別研究2B 5 選択必修 2
環境生物科学博士特別研究3A 5 選択必修 3
環境生物科学博士特別研究3B 5 選択必修 3

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成27年度 大学院要覧 博士後期課程修了要件
自己の指導教員が担当する科目1~3について6科目30単位を修得すること。ただし、優れた研究業績を上げて在学期間を3年未満で修了する者は(在学期間の半数×5)単位で可とする。

教員一覧

専攻部門 担当教員 研究分野
環境情報生物学 教授 朽津 和幸 環境応答情報伝達の分子機構
生体物質化学 教授 池北 雅彦 複合糖鎖の構造と機能
酵素学 教授 田口 速男 酵素工学・生体高分子化学
微生物分子生物学 教授 鎌倉 高志 微生物の情報伝達と機能分化
神経科学 教授 古市 貞一 脳発達の神経生物学
生命動態学 教授 松永 幸大 ライブセルイメージング
細胞分裂と発生分化
発生生物学 教授 和田 直之 器官形成、再生
腫瘍生物学 教授 大谷 直子 分子生物学 分子腫瘍学
生物化学・生物物理学 教授 黒田 玲子 カイロモルフォロジー
分子生物学 准教授 諸橋 賢吾 システム生物学・生物ネットワーク
微生物生態学 准教授 鈴木 智順 微生物の生態と系統進化
生物有機化学 准教授 倉持 幸司 ケミカルバイオロジー
有機合成化学
生化学・生物物理学 講師 政池 知子 1分子生物学・蛋白質の作動機構
応用生物化学 講師 古屋 俊樹 微生物代謝、酵素変換
(連携大学院方式による客員教員および研究分野)
分子生化学 客員教授 反町 洋之 細胞内プロテオリシスによる
細胞機能の制御機構
(東京都医学総合研究所)
教授※ 田口 速男
分子生物学 客員教授 正井 久雄 染色体DNA複製と
細胞周期制御機構の研究
(東京都医学総合研究所)
教授※ 古市 貞一
分子遺伝学 客員教授 芝崎  太 遺伝病の分子病理と
治療法開発
(東京都医学総合研究所)
教授※ 池北 雅彦
コンピテーショナル
グライコミックス
客員教授 福井 一彦 糖鎖科学、計算科学
(産業技術総合研究所)
教授※ 池北 雅彦
食品生化学 客員教授 町田 幸子 タンパク質構造機能学
(農業・食品産業技術
総合研究機構食品総合研究所)
教授※ 田口 速男
ウィルス生命科学 客員准教授 渡士 幸一 B型及びC型肝炎ウィルス等
がんウィルスの複製機構解析および治療法開発
(国立感染症研究所)
教授※ 大谷 直子
化学療法学 客員准教授 旦  慎吾 抗がん剤の分子薬理研究
(がん研究会)
教授※ 池北 雅彦
医科学 客員教授 広田 亨 染色体動態制御学
(がん研究会)
教授※ 大谷 直子
時間生物学 客員准教授 大石 勝隆 生物時計の研究
(産業技術総合研究所)
教授※ 和田 直之

(注)※は副指導教員を表す。

ページのトップへ