数学科

専攻紹介

ギリシャ語の幾何学が土地測量の意味を持つことから分かるとおり、数学はもともと実用の学問として生まれました。しかしユークリッドの原論にまとめられた幾何学には、もはや測量術の面影はありません。今日の数学を見ても数学の2面性に気づくはずです。言語や画像に代わって経験を表現し、その論理的な結論を導き出すための道具としての数学と、真理探究の対象としての数学。もちろん、同じ数学である以上、その両者は無縁ではありません。後者は数学の基礎を固め、後の応用を促します。19世紀後半から20世紀中葉まで数学は、その基礎づけに力が注がれてきました。21世紀の今、実用的応用が多様化しています。

理学研究科数学専攻は「代数学」「幾何学」「解析学」「確率・統計」の4部門から構成されています。そのカリキュラムは、主として数学理論の究明と確立を試みる純粋数学に象徴される分野です。

近代社会の進歩を支えてきたのが数学であることは誰もが認めるところです。それは、自然科学の分野における発展にとどまりません。考えることを前提とする数学は、広く社会科学、金融・保険業などの発展をも支えてきました。

数学的な思考力は、今やどの分野にも求められる能力です。本専攻に学んだ経験は、その後の方向性を限定づけるものではありません。社会は確実に、数学に対する要請の度合いを高めています。

理念・目的・教育目標

数学専攻は、学部教育との接続に配慮し、学生に対して、発展する現代数学の先端研究に触れられる場を提供するという理念のもと、数理的問題を解析するための手法を身に付け、かつ、新たな研究手段を開発し問題を解決する能力を持った人材を育成することを第一の目的とします。また研究者として専門分野の発展に寄与できる人材を育成することはもとより、他の研究分野との交流を通じ、実社会における具体的問題を解決することに役立つ能力を開発することも目的とします。また、深い専門的知識を持った中等教育の教員を育成することも重要な教育目標です。

授業科目表(修士課程)

下記の科目表以外に数学連絡協議会の加盟校で開講している科目を履修できます。

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
代数学 代数学特論(一) 2 選択 1又は2
代数学特論(二) 2 選択 1又は2
代数学特論(三) 2 選択 1又は2
代数学特論(四) 2 選択 1又は2
整数論(一) 2 選択 1又は2
整数論(二) 2 選択 1又は2
代数幾何学 2 選択 1又は2
特異点論 2 選択 1又は2
文献研究(一) 10 必修 1
文献研究(二) 10 必修 2
幾何学 幾何学特論(一) 2 選択 1又は2
幾何学特論(二) 2 選択 1又は2
微分幾何学特論(一) 2 選択 1又は2
微分幾何学特論(二) 2 選択 1又は2
位相幾何学(一) 2 選択 1又は2
位相幾何学(二) 2 選択 1又は2
シンプレクティック幾何学(一) 2 選択 1又は2
シンプレクティック幾何学(二) 2 選択 1又は2
ゲージ理論(一) 2 選択 1又は2
ゲージ理論(二) 2 選択 1又は2
文献研究(一) 10 必修 1
文献研究(二) 10 必修 2
解析学 解析学特論(一) 2 選択 1又は2
解析学特論(二) 2 選択 1又は2
解析学特論(三) 2 選択 1又は2
微分方程式特論(一) 2 選択 1又は2
微分方程式特論(二) 2 選択 1又は2
偏微分方程式論 2 選択 1又は2
実関数論(一) 2 選択 1又は2
実関数論(二) 2 選択 1又は2
関数論 2 選択 1又は2
関数解析学特論(一) 2 選択 1又は2
関数解析学特論(二) 2 選択 1又は2
応用解析学特論(一) 2 選択 1又は2
応用解析学特論(二) 2 選択 1又は2
文献研究(一) 10 必修 1
文献研究(二) 10 必修 2
確率・統計 確率論特論 2 選択 1又は2
統計学特論(一) 2 選択 1又は2
文献研究(一) 10 必修 1
文献研究(二) 10 必修 2
共通 特別講義(一) 2 選択 1
特別講義(二) 2 選択 1
特別講義(三) 2 選択 1
特別講義(四) 2 選択 1
特別講義(五) 1 選択 1又は2
特別講義(六) 1 選択 1又は2
特別講義(七) 1 選択 1又は2
特別講義(八) 1 選択 1又は2
ウォーターサイエンス特論 2 1又は2
教養 知財情報科学 1 選択 1又は2
環境安全科学 1 選択 1又は2
科学者・技術者の倫理 1 選択 1又は2
知的財産特論 2 選択 1又は2
科学文化概論 2 選択 1又は2
サイエンス・ライティング 2 選択 1又は2
Academic English 1 2 選択 1又は2
Academic English 2 2 選択 1又は2

※ウォーターサイエンス特論は修了単位には含めない。

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 修士課程修了所要単位数
必修 選択
20 10 30

授業科目表(博士後期課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
共通 数学研究概論 1 必修 1
代数学 代数学研究(一) 10 選択必修 1
代数学研究(二) 10 選択必修 1~3
代数学研究(三) 10 選択必修 1~3
幾何学 幾何学研究(一) 10 選択必修 1
幾何学研究(二) 10 選択必修 1~3
幾何学研究(三) 10 選択必修 1~3
解析学 解析学研究(一) 10 選択必修 1
解析学研究(二) 10 選択必修 1~3
解析学研究(三) 10 選択必修 1~3
確率・統計 確率・統計研究(一) 10 選択必修 1
確率・統計研究(二) 10 選択必修 1~3
確率・統計研究(三) 10 選択必修 1~3

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 博士後期課程修了要件
学生は、自己の指導教員の専門分野(部門)の科目について3科目30単位を修得し、かつ、必修科目を1単位修得すること。
学位授与へのプロセスについてはこちらから確認してください。

教員一覧

専攻部門 担当教員 研究分野
代数学 教授 眞田 克典 環論
教授 木田 雅成 整数論
准教授 功刀 直子 有限群の表現
准教授 佐藤 隆夫 群論
解析学 教授 太田 雅人 偏微分方程式
教授 加藤 圭一 偏微分方程式
教授 横田 智巳 偏微分方程式
准教授 齊藤 功 関数解析
講師 田中 視英子 変分法
幾何学 教授 小池 直之 微分幾何学
教授 吉岡 朗 シンプレクティック幾何学
講師 坊向 伸隆 リー代数論
確率・統計 教授 金子 宏 確率解析

ページのトップへ