理学研究科

研究科紹介

数学専攻・物理学専攻・化学専攻・応用数学専攻・応用物理学専攻・科学教育専攻の6専攻からなる理学研究科は、理学の基礎分野はもちろん、既存の枠を超えて次々と開拓される新しい境界領域を幅広くカバーし、国内最高レベルの研究・教育機関として教員・学生が一体となった世界的水準の研究活動に取り組んでいます。当研究科に所属する所属する多くの教員が、文部科学省「私立大学ブランディング事業」に採択されたウォーターフロンティアサイエンス&テクノロジー研究センターの構成メンバーとなっており、水に関する学際的研究拠点形成に大きく寄与しています。また物理学専攻・応用物理学専攻では、第一線で活躍する学外の研究者を客員教員に迎える「連携大学院方式」を採用し、新分野への進出を希望する学生を支援しています。

専攻一覧

理念・目的・教育目標

理学研究科は、自然界の普遍的真理を解明することを目指してその基本原理や法則を探求するという理学の理念に基づき、「理学の普及」と「実力主義」を求める厳格な教育の実践を、その研究・教育の基本理念とします。

この理念に基づき、本研究科の目的は、学部における一般教育・専門教育の基礎の上に、広い視野に立って理学の理論及び応用を教授、研究指導し、精深な学識と研究能力に富む人物を育成すること、更には、独創的研究能力を養うように指導し、従来の学術的認識に新しい視野からの知見を加えて文化の進展に寄与するとともに、専攻分野に関し研究を指導する能力を養うこととします。

そして、これを達成するために、専門知識・技術を応用する能力を高め、変化に柔軟に対応できるように、関連分野の素養や理学の専門家としての教養を身に付け、社会的倫理観や国際的視野が持てるとともに、自立した研究遂行能力を育成し、広い視野を獲得することができるような研究者・教育者・技術者の育成を教育目標とします。

ページのトップへ