総合化学研究科 総合化学専攻

専攻ポリシー一覧

[ディプロマ・ポリシー] 修了認定・学位授与の方針

  1. 修士課程においては、化学に関する専門的知識と実験技術を活用し、自身の専門領域の発展に向け自立的な取り組みを行うことのできる人材を育成する。研究者・技術者として社会で活躍するために必要な次のような資質を持った学生に所定の期間在学し、以下の知識・能力を身に付け、所定の単位を修得し、かつ修士の学位論文の審査に合格した学生に対して、修士(理学または工学)の学位を授与する。
    • (1)原子・分子及びそれらから構成されるさまざまな分子集合体、機能性材料等の合成や物性等に関する専門的な知識を有し、それらをもとに自然界におけるさまざまな現象を解明することができる。
    • (2)修得した高度な専門知識を体系化させ更に発展させることで、自らの専門領域をより深化させることができる。
    • (3)現代社会における多様な問題点の解決と持続的社会の発展に、「化学」の専門知識と技術を用いて貢献することができる。
    • (4)専門分野と関連する諸問題に対処するための教養と国際的な視点と対話能力をもつ。
  2. 博士後期課程においては、深い専門知識と独創的な研究開発能力を発揮し、自身の専門領域の深化及び新たな学問領域の開拓に独立して寄与し、現代の知識基盤社会を支える高度で知的な素養を獲得した人材を育成する。研究者・技術者として社会で活躍するために必要な次のような資質を持った学生に対して、博士の学位論文の審査に合格した学生に対して博士(理学または工学)の学位を授与する。
    • (1)極めて高度な専門的学識と自立的研究開発能力を持ち、自ら設定した課題を独創的な手法を持って解決することができる。
    • (2)広く社会の諸問題を認識し、現代社会における多様な問題点の解決と持続的社会の発展を先導することができる。
    • (3)世界の研究者、技術者と連携し研究開発を進めることができ、化学の最先端を切り拓くことができる。

[カリキュラム・ポリシー] 教育課程編成・実施の方針

現代化学は物理・生命科学・材料・デバイス・環境・エネルギー等の分野を包含した総合学問領域を形成しており、これらの基礎学力や研究能力を養う。さらに、理学の知と工学の知の融合を通じて持続的社会の構築において先導的な役割を担う人材を輩出するための先端的研究設備と広範な学問領域を包含する講義体系を提供する。

  1. 修士課程においては、基礎から応用にわたる広範な学問領域を包含する教育課程を構成する。
    • (1)「専門科目」では、①分子集積・分子科学、②合成・反応有機化学、③機能・生体材料化学、④エネルギー・環境化学、⑤工業化学の5コースを設置し、高度な専門的知識と実験技術の習得並びに現代社会における様々な問題点を認識・解析し、それらに対処する総合的な能力を開発する教育課程を編成する
    • (2)「教養科目」では、幅広い学識を涵養し、コミュニケーション能力、倫理観、国際性を養う授業科目を配置する。
    • (3)「研究指導」では、国内外学術論文の調査を通じて化学研究分野の研究動向を把握し、指導教員及び副指導教員との議論を通じて自身の研究成果の位置づけを理解するとともに今後の研究計画を立案し、国内外の学会等での発表及び学術論文の発表を通じて自身の研究成果を正確かつ的確に表現する能力を涵養する。
  2. 博士後期課程においては、修士課程で養った高度な専門性を要する研究開発能力を基に化学研究分野に関して独創的な研究を自立して遂行する能力、並びに新たな学問領域の開拓を先導し、学問領域の融合や国際化に対応することのできる確固たる基盤を築き活発な研究活動を展開する能力を開発する教育課程を編成する。最新鋭の研究設備を備えた先端的研究設備のもとで研究活動を行い、学術論文の発表を通じて自身の研究成果を正確かつ的確に表現する能力を養う。

[アドミッション・ポリシー] 入学者受け入れの方針

  1. 修士課程においては、学士課程で養った化学に関する幅広い基礎学力を基に、化学研究の分野において自ら課題を発見し解決する意欲のある人や、物質に関する基礎現象を深く理解し、住みよい社会の持続的構築に貢献できる技術開発・研究能力の修得を目指す人を求める。
  2. 博士後期課程においては、卓越した専門知識を持ち、国際的に活躍できる高度の専門性と語学力を有し、自立して創造的な研究活動を行い、化学研究における学問の世界水準の前進に貢献する意欲のある人を求める。

専攻ページへのリンク

ページのトップへ