建築学専攻

専攻紹介

建築は人間生活の基盤である。正に人類の歴史、文化そのものであると言っても過言ではない。このように重要な社会的基盤をハード・ソフト両面から築き、保全していくための建築学は、よく言われるように、学術、芸術、技術が三位一体となった総合学であり、その領域は単に工学にとどまらず、生物学から社会、経済、文化、人類学等に及び、極めて学際的色彩が強い。

このような建築学は、4年制のカリキュラムで学び尽くせるものではないことからも大学院教育へのニーズは高いが、学部教育の上に立って、より深く専門領域を究め、より広く学際的な素養を身につけるための場として、大学院は極めて有益な存在といえる。

地球環境や長寿社会の問題、国際化・情報化の波の中で大きく揺れ動く現代社会にあって、高度な専門知識とともに確たる哲学を持つ人間、すなわち専門領域を探求しつつ、地球全体の中での建築の在り方を見据えていくことのできる人材の育成を我々は意図している。

本建築学専攻では、建築学を大きく計画、環境、構造の3部門に分けて研究・教育を行っているが、研究専門分野としては、別表のように、建築意匠、設計計画、建築史、空間論、構法計画、安全計画、音・振動環境、空気環境、水環境、構造計画、金属系構造、コンクリート系構造などがある。

大学院進学に当たっては、予め専攻する研究分野やテーマについて、遠慮なく該当する指導教員と相談し、少なくとも専攻部門と研究室を決めておく必要がある。大学院はいわば社会と大学の接点であり、今後どのような建築が社会的に要求されていくか、またその建築に諸君がどのように関わっていくか、慎重に考えて決断してほしい。

大学院においては、何より、それぞれの研究室で主体的に研究に従事し、その成果を修士ないしは博士論文として体系的にまとめ上げることに大きな意義がある。更に、指導教員や仲間との全人格的な付き合いで得られる人間関係は、何物にも代え難い財産となろう。また、学内の講義を聴くことも大切であるが、都市型大学である本研究科の特長を生かして、他の大学院や研究所と大いに交流を図ることが望まれる。

大学院修了後の途は、より高い視点と能力を持った技術者、研究者、設計者、企画者として広く斯界に開かれており、多数の諸先輩が活躍している。しかしながら、修士、博士の学位といえども決してゴールではなく、本籍が定まり、将来への免許証を手にしたと心得て、大いに研鑽に励むべきである。

理念・目的・教育目標

建築学専攻は、建築学に携わる研究者・技術者・設計者として求められる学識と技術を習得し、自ら問題を設定して解決する研究能力、学際的な見地から実務分野の課題を解決できる能力を持った人材の育成を目的とします。

授業科目表(修士課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
建築計画学 建築意匠特論 2 選択 1又は2
建築計画特論 2 選択 1又は2
建築史特論a 2 選択 1又は2
建築史特論b 2 選択 1又は2
建築構法計画特論a 2 選択 1又は2
建築構法計画特論b 2 選択 1又は2
都市計画特論 2 選択 1又は2
建築学特別講義a 2 選択 1又は2
建築デザイン特論 2 選択 1又は2
建築設計1 3 選択 1又は2
建築設計2 3 選択 1又は2
建築意匠インターンシップ研修1a 2 選択 1又は2
建築意匠インターンシップ研修1b 2 選択 1又は2
建築意匠インターンシップ研修2a 2 選択 1又は2
建築意匠インターンシップ研修2b 2 選択 1又は2
建築環境学 空調設備特論 2 選択 1又は2
建築設備基準概論 2 選択 1又は2
建築環境特論b 2 選択 1又は2
建築環境特論c 2 選択 1又は2
建築環境特論d 2 選択 1又は2
建築環境特論e 2 選択 1又は2
建築学特別講義c 2 選択 1又は2
建築設備計算演習 3 選択 1又は2
建築設備インターンシップ研修1a 2 選択 1又は2
建築設備インターンシップ研修1b 2 選択 1又は2
建築設備インターンシップ研修2a 2 選択 1又は2
建築設備インターンシップ研修2b 2 選択 1又は2
建築構造学 建築構造力学特論 2 選択 1又は2
建築振動特論 2 選択 1又は2
建築構造技術特論 2 選択 1又は2
建築材料特論a 2 選択 1又は2
建築材料特論b 2 選択 1又は2
建築構造性能特論 2 選択 1又は2
建築学特別講義b 2 選択 1又は2
建築構造設計及び演習 3 選択 1又は2
建築構造インターンシップ研修1a 2 選択 1又は2
建築構造インターンシップ研修1b 2 選択 1又は2
建築構造インターンシップ研修2a 2 選択 1又は2
建築構造インターンシップ研修2b 2 選択 1又は2
建築数理学 建築数理学特論 2 選択 1又は2
共通 実験、製図、文献研究1a 4 選択必修 1
実験、製図、文献研究1b 4 選択必修 1
実験、製図、文献研究1c 4 選択必修 1
実験、製図、文献研究1d 4 選択必修 1
実験、製図、文献研究2a 4 選択必修 2
実験、製図、文献研究2b 4 選択必修 2
実験、製図、文献研究2c 4 選択必修 2
実験、製図、文献研究2d 4 選択必修 2
教養 知財戦略特論 2 選択 1又は2
知的財産特論 2 選択 1又は2
技術英語特論 2 選択 1又は2
技術英語表現法 2 選択 1又は2
Materials Science and Technology Overview 1 2 選択 1又は2
Materials Science and Technology Overview 2 2 選択 1又は2
Materials Science and Technology Overview 3 2 選択 1又は2
Materials Science and Technology Overview 4 2 選択 1又は2
イノベーション・チーム・ラボ 2 選択 1又は2
ウォーターサイエンス特論 2 選択 1又は2
科学技術研究の倫理 2 選択 1又は2

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 修士課程修了所要単位数
選択必修 選択
16 14 30

授業科目表(博士後期課程)

専門分野(部門) 授業科目 単位 履修方法 履修年次
建築学特別研究1a 5 選択必修 1
建築学特別研究1b 5 選択必修 1
建築学特別研究1c 5 選択必修 1
建築学特別研究1d 5 選択必修 1
建築学特別研究2a 3 選択 2
建築学特別研究2b 3 選択 2
建築学特別研究2c 3 選択 2
建築学特別研究2d 3 選択 2
建築学特別研究3a 3 選択 3
建築学特別研究3b 3 選択 3
建築学特別研究3c 3 選択 3
建築学特別研究3d 3 選択 3

※科目の内容など詳細情報については「シラバス」からご覧いただけます。

平成29年度 大学院要覧 博士後期課程修了要件
10単位以上修得のこと。

教員一覧

専攻部門 担当教員 研究分野
建築計画学 教授 伊藤 裕久 建築史
教授 宇野 求 建築設計、都市設計
教授 郷田 桃代 建築・都市計画
教授 坂牛 卓 建築意匠
准教授 栢木 まどか 近代建築史、都市防災史
准教授 熊谷 亮平 建築構法計画
建築環境学 教授 倉渕 隆 建築空気環境、換気設備
教授 長井 達夫 建築熱環境、空調設備
建築構造学 教授 今本 啓一 建築材料
教授 栗田 哲 耐震構造、建築構造力学
教授 髙橋 治 建築構造設計、建築構造技術
准教授 伊藤 拓海 鋼構造、性能設計法
建築数理学 教授 佐々木 文夫 建築数理

ページのトップへ