薬学部

ヒューマニティと研究心にあふれた薬剤師と
最先端創薬科学を担う研究者・技術者を育成

薬学部は、「医薬分子を通して人間の健康を守る」という志を持った優れた薬剤師と研究者・技術者を育成することを基本理念としています。薬学科では、“ヒューマニティと研究心にあふれた高度な薬剤師の育成”、生命創薬科学科では、“最先端創薬科学を担う研究者・技術者の育成”を目指します。知性に富み、倫理観と豊かな人間性を備え、総合的な生命科学としての薬学を担い、人類の健康と疾病の克服に尽力できる医療人・創薬人を両学科が協力して育成し、薬学の発展に寄与することを目的としています。その達成のために、薬学科および生命創薬科学科では、共通の基本的学問である生物学、化学、物理学、情報学を基盤とし、創薬科学、生命薬学、環境・衛生薬学、医療・情報薬学を融合的に展開します。生命と医薬分子の関係を総合的に理解できる専門知識を修得するとともに、問題を設定し解決する能力を有する人材の育成を教育・研究の目標としています。

学科一覧

理念・目的・教育目標

薬学部は「医薬分子をとおして人類の健康を守る」志をもった優れた人材を育成することを基本理念とします。薬学科は、ヒューマニティと研究心にあふれた高度な薬剤師の育成、生命創薬科学科は、先端創薬科学を担う 研究者の育成を目指します。両学科は協同して、知性に富み、倫理観と豊かな人間性を備え、総合的な生命科学としての薬学を担い、人類の健康と疾病克服に尽力できる人材を育成することを目的としています。

学部長挨拶

最先端の研究と多様性のある人材育成、その両立を実現する。

薬学部には6年制の薬学科と4年制の生命創薬科学科があります。薬学科の特長は、薬剤師の資格を持って病院や薬局で人の命に関わる医療従事者や、企業で薬の研究・開発に携わる研究者等、多彩な人材を多く輩出していることです。そのため、薬剤師育成に関しては、徹底した基礎薬学教育に加えて提携医療機関と連携した実践的な職能教育を行い、先端医療やチーム医療を支える人材の育成に努めています。一方、生命創薬科学科は、病気の発症機構の解明や医薬品の創製に関わる専門知識・技術教育などを行い、高度な研究者・技術者の育成を目指しています。卒業生の多くは先端創薬科学を担う研究・開発者として公的研究機関や企業などで活躍しています。「多様な薬剤師を育成する」薬学科と「最先端の研究に特化した」生命創薬科学科が同じ規模で存在し、かつ相互の関係性により発展的な研究を育んでいる姿勢は、他に例のない試みであり、理科大薬学部の最大の特長であり魅力であると言えるでしょう。また、理科大には学内の学部の枠や、国内外の大学や研究機関の壁も取り払って学際的研究を積極的に進める研究組織である総合研究院があります。学生たちが早い段階から最先端の研究に触れ、学内外あるいは国内外の多くの研究者と交流を深めることができるよう、薬学部はサポートしています。

薬学部 学部長

鍜冶 利幸

ページのトップへ