薬学部

薬学部オリジナルHP

ヒューマニティと研究心にあふれた薬剤師と
最先端創薬科学を担う研究者・技術者を育成

薬学部は、「医薬分子をとおして人類の健康を守る」という志を持った優れた薬剤師と研究者・技術者を育成することを基本理念としています。薬学科では、“ヒューマニティと研究心にあふれた高度な薬剤師の育成”、生命創薬科学科では、“最先端創薬科学を担う研究者・技術者の育成”を目指します。知性に富み、倫理観と豊かな人間性を備え、総合的な生命科学としての薬学を担い、人類の健康と疾病の克服に尽力できる医療人・創薬人を両学科が協力して育成し、薬学の発展に寄与することを目的としています。その達成のために、薬学科および生命創薬科学科では、共通の基本的学問である生物学、化学、物理学、情報学を基盤とし、創薬科学、生命薬学、環境・衛生薬学、医療・情報薬学を融合的に展開します。生命と医薬分子の関係を総合的に理解できる専門知識を修得するとともに、問題を設定し解決する能力を有する人材の育成を教育・研究の目標としています。

学科一覧

理念・目的・教育目標

薬学部は「医薬分子をとおして人類の健康を守る」志をもった優れた人材を育成することを基本理念とします。薬学科は、ヒューマニティと研究心にあふれた高度な薬剤師の育成、生命創薬科学科は、先端創薬科学を担う 研究者の育成を目指します。両学科は共同して、知性に富み、倫理観と豊かな人間性を備え、総合的な生命科学としての薬学を担い、人類の健康と疾病克服に尽力できる人材を育成することを目的としています。

学部長挨拶

薬剤師そして薬剤師の資格を持った臨床開発研究者と、創薬研究者の育成を目指しています。

薬学部教育が新課程となってから、既に数多くの卒業生を世に送り出しました。薬学科の卒業生は薬剤師としての仕事ばかりでなく、その資格を持って企業の臨床開発に携わる者も多くいます。また、生命創薬科学科の卒業生は先端創薬科学を担う研究者として企業で活躍しています。私たちは、これからも十分な学力を身に付けるための医薬品に関する総合情報科学(ファーマコインフォマティクス)に基づく徹底した基礎教育を実施します。薬学科における薬剤師育成に関しては、提携医療機関との連携により、実践的な職能教育などチーム医療や先端医療を支えることのできる人材を育成します。また、生命創薬科学科では医薬品の創製や作用機序等に関わる専門知識・技術教育等を行い、高度な研究者・技術者の育成を目指していきます。両学科とも卒業研究を重視し、ゲノム創薬に関する研究施設、DD Sに関する研究施設、創薬情報科学に関する研究施設等の専門研究施設において、高度な教育・研究をサポートしていきます。

薬学部 学部長

深井 文雄

ページのトップへ