機械工学科

学科紹介

研究分野・対象

機械工学は科学技術全般を支える学問です。宇宙環境における熱と流体現象、マイクロ流体力学、スペースプレーン材料、材料破壊の力学、機械加工とナノテクノロジー、ロボットや医療機器開発、環境にやさしい低公害燃焼等、研究テーマは幅広くあります。理工学部機械工学科の研究室において実施される研究領域は多岐にわたり、ここで身に付けた実力は産業界からのあらゆる分野に生かされる専門性を持っています。

学科の特徴

人間は自然環境、宇宙環境、また人間の生んだ発達したテクノロジーの影響下に生活しています。機械工学は人間はもちろんこれらすべてに密接に関連する学問です。理工学部機械工学科では、機械技術に関わるあらゆる問題に対して、その本質を把握しそれを解決する道筋を自分で考え出すことのできる人材の育成を目標としています。そのためにまず、機械力学、材料力学、流体力学、熱力学の4力学およびメカトロニクスを核とした機械工学の基礎教育を、豊富な実習・演習とともに重点的に行います。それらを踏まえて最先端の機械工学の知識を幅広く伝授し、また自分の成果を他人に正確かつ効果的に理解してもらう説明・伝達能力の涵養を図ります。一方、理工学部にあることから理学も含めた科学全般に関する広い視野を得る機会を提供しています。

学びの特徴

機械工学を学ぶ者は幅広い知識と経験、そして自然環境への深い理解を持つことが大切です。理工学部機械工学科では自然環境と人間とテクノロジーの調和をモットーに、宇宙環境や医療機械開発、環境問題への対応も含めてこれからのニーズに応えることのできる技術者・研究者を育てる教育・研究を行っています。各専門分野で国際的にも高く評価されている教授陣と共に、緑あふれる自然環境の中で勉強します。3年次までに機械工学の基礎、機械工学実験、コンピュータ実習、機械設計、製図等履修した後、4年次では各人希望の研究室に所属します。少人数で教員の直接指導の下で行う卒業研究では、あらゆる分野の先端科学と接点を持つ機械工学の特質を発揮して、多様なテーマに取り組みます。

理念・目的・教育目標

機械は、人類の作り出す人工物全ての基礎となるものです。機械工学科では、4力学およびメカトロニクスを核とした機械工学の基礎を、豊富な実習・演習とともに重点的に学び、問題の本質を把握しそれを解決する道筋を自分で考え出すことのできる人材を育成し、高度技術社会の基盤を支えうる技術者を多数送り出すことで人類社会の発展に貢献します。一方、理工学部にあることから理学も含めた科学全般に関する広い視野を得る機会を提供しています。

カリキュラム

  • 必修科目
  • 選択必修科目
  • 選択科目
1年次 2年次 3年次 4年次
一般力学I・II/一般力学演習I・II/微分積分学I・II/微分積分学演習I・II/物理学実験A・B/計算機工学I/数学I・II/物理学BI・II/化学I・II
機械工学概論/コンピュータリテラシー/図学及び製図
工業基礎数学I/機械設計I・II/機械設計IA・IB

計算機工学演習II・III/工業基礎数学II
機械製図II/機械工学実験I・II

機械情報ネットワーク論/機械英語/工場実習/機械工学特別講義
卒業研究I・II
材料力学系/材料科学系
材料力学IA・IB/機械材料
材料力学I演習
材料力学演習
材料力学II・III/複合材料工学
機械力学系/機械設計系/メカトロ系/加工学系
機械力学IA・IB/自動制御I/機械工作法/機械工作実習I・II
機械力学I演習
電気電子工学/メカトロニクス及び演習
自動制御演習
機械力学II/微細加工学/自動制御II/トライボロジー/自動車工学/ロボット工学/工作機械/機械計測学
熱力学系/流体力学系
熱力学IA・IB/流体力学IA・IB
熱力学I演習/流体力学I演習
熱力学演習/流体力学演習
流体力学II/応用流体力学/熱力学II/伝熱工学/航空宇宙工学

卒業研究

材料力学系

物体が大きく変形したり局所的に変形したりすると、単位面積あたりの力が大きくなり物が壊れる原因となります。それを防ぐために、物体の変形や力のかかり具合を明らかにするのが材料力学です。

材料科学系

材料のミクロな構造とその性質の関連を解明する学問です。モノを形造る「材料」は工業の発展には欠かすことのできないものであり、材料科学は機械工学だけでなく、工学全体に必要な分野です。

岡田研究室/荻原研究室/髙橋研究室/松崎研究室

機械力学系

ありとあらゆる機械に振動や昔の問題が発生します。振動や音は機械学だけではなく、土木・建築の分野でも大変重要です。機械力学はそのような振動・音に関連する分野です。

機械設計系

機械設計は機械の総合学問と言えます。設計製図、軸受などの機械要素に関する知識は機械設計で必須の知識です。また、摩擦・摩耗・潤滑(トライポロジー)の理解もスムースに動く機械を設計するために大変重要です。

メカトロ系

日本発の和製英語で、今や世界で通用する「メカトロニクス」の短縮形のこと。機械工学(メカニカルエンジニアリング)と電子工学(エレクトロニクス)との合体で「電子回路の制御により巧みに動く機械」を意味しています。

加工学系

機械加工学は金属の素材を鋳造、プレスによる塑性加工、旋削などの除去加工、熱処理、塗装やメッキをして部品を作り、溶接やボルト締結で組み立て、電子化時代に対応できる製品を作る研究です。

朝倉研究室/竹村研究室/野口研究室/早瀬研究室/溝口研究室

熱力学系

ロケットが飛ぶときも自動車が走るときも、燃料を燃やして発生した熱を流体の運動に変えて、われわれはそれを利用しています。また、地球環境の温暖化現象でも、熱と流体が重要な働きをしています。

流体力学系

私たちは水や空気と一緒に生活しています。水や空気の流れを研究する学問を流体力学と言います。血液流や環境の問題とも密接に関係しており、人類の歴史とともに歩んできた古くて新しい学問です。

上野研究室/川口研究室/塚原研究室/村岡研究室

2018年度 学修簿 卒業所要単位表

専門領域科目 専門領域外科目    
基礎科目 専門科目 一般教養科目 自由科目
基幹
基礎
専門
基礎
関連専門
基礎
必修 選択
必修
選択 外国語を学ぶ科目群・英語系 自然を学ぶ科目群 人間と社会を学ぶ科目群 キャリア形成を学ぶ科目群 外国語を学ぶ科目群・初習外国語系 領域を超えて学ぶ科目群
12 12 2 45 5 24 8 18 4 130

教員一覧

進路

進路グラフ
2017年度卒業生

主な就職先(大学院生含む)

東北大学(博士研究員)、IHI、旭化成、IDOM、稲葉製作所、エスビー食品、NHK、NTTデータ、NTTデータビジネスシステムズ、荏原製作所、オリンパス、花王、鹿島建設、キーエンス、ケーヒン、小松製作所、小森コーポレーション、JR東海、JR東日本、ジャパンマリンユナイテッド、新光電気工業、新日鐵住金、スズキ、セイコーインスツル、セイコーエプソン、ソニー、ダイキン工業、大日本印刷、大和総研グループ、タカラスタンダード、中越パルプ工業、TDK、デンソー、電通国際情報サービス、TOTO、トヨタ自動車、豊田自動織機、日揮プラントイノベーション、日産自動車、日産車体、日清紡ホールディングス、日本精工、日本総合研究所、パイオニア、パナソニック、パナソニック システムネットワークス システムソリューションズジャパンカンパニー、浜松ホトニクス、日立建機、日立製作所、不二越、富士通、ポラス、マツダ、三井造船、三菱化学エンジニアリング、三菱自動車工業、三菱重工業、三菱電機、LIXIL、リコー、YKK、国土交通省、神奈川県内広域水道企業団、千葉県職員、東京都職員、千葉県船橋市職員

ページのトップへ