数学科

数学科オリジナルHP

学科紹介

応用のきく数学家をめざして

理学部第ニ部数学科は、柔軟な思考ができ、意欲のある人に適した学科です。社会の様々な分野で、直接または間接的に数学的素養が必要とされる現代において、それらの要求に応えることができる人が必要とされています。本学科は、そのような人を育成したいと望んでいます。本学科では、解析学、代数学、幾何学、位相などの数学の基本的な分野はもとより、統計学、情報数学、離散数学などの、いわゆる応用数学の分野も充実しています。また、多数の中学校・高等学校教員を社会に送り出してきた伝統を踏まえ、教員育成に力を注ぎ、教員志向の学生の要望にも応えています。

理学部には、専攻科(夜間)や大学院が設置されており、いっそう高度な技術者、教育者、研究者へと進む道も用意されています。

  1. マルチメディア時代に対応した情報数学
  2. 論理的に物事を考える態度と能力の育成
  3. 数学基礎力の充実
  4. 懇切丁寧な指導

理念・目的・教育目標

数学は、論理的・抽象的に理論を組み立てていく学問であり、科学の基礎を支える重要な位置を占めています。本学科は、さまざまな分野で、直接または間接的に数学的素養が必要とされる現代において、その要求に応えることができる人材を育成します。

カリキュラム

1年次 2年次 3年次 4年次
情報数学序論/数学概論 プログラミングA・B 計算数学2A・2B/データ処理A・B/情報科学A・B/情報科教育法1・2/情報システム概論/ネットワーク概論/情報ネットワーク基礎/情報数学研究A・B/数学史A・B/数学のための英語A・B/数学特別講義A・B 卒業研究
数学基礎A・B 計算数学1A・1B/数学研究A・B/情報処理A・B システムアドミニストレータ入門
解析学系
解析学1 解析学2 実解析A・B/複素解析A・B/関数解析A・B/応用数学1A・1B/解析学3A・3B
解析学研究/微分方程式A・B
代数学系
代数学1 代数学2 代数学3A・B/代数学4A・4B/代数学特講A・B/数論A・B
代数学研究
幾何学系
幾何学1A 幾何学2A・2B/幾何学1B・1C/幾何学研究 幾何学特講1A・1B/幾何学特講2A・2B/応用数学2A・2B/応用解析A・B/多様体の幾何A・B
位相数学系
位相数学1A・1B/位相数学研究A・B 位相数学2A・2B/位相数学特講1A・1B/位相数学特講2A・2B
確率論・統計学系
統計学1
統計学研究
統計学2A・2B/応用統計学A・B/統計学3A・3B/計算機統計学A・B/確率過程入門A・B/統計学特講A・B
離散数学系
離散数学1A 離散数学1B/離散数学2A・2B
教育数学系
教育数学A・B/教育数学特講1A・1B/教育数学研究A・B/数学科教材研究A・B/数学科指導法1・2/数学科教育論1・2

卒業研究

解析学系

解析学はアルキメデスにその片りんが見られますが、17世紀の微分積分学の誕生以来本格的に発展しました。現在では、微分積分を普通の関数よりも広い対象にまで拡張して、さまざまな問題の解決に取り組んでいます。
伊藤研究室/齊藤研究室

代数学系

代数学では、ベクトル空間、群、環、体など、何らかの演算が与えられている集合の性質を調べます。代数学はいろんな数学の”言葉”であるともいえます。例えば、定規とコンパスで角の3等分はできないことや、ボールと浮き輪が異なるといったことも代数を用いて厳密に記述することができます。
佐藤研究室

幾何学系

幾何学はある変換族によって不変な図形の性質を調べるクラインの幾何に始まり、その後、一般相対性理論と融合してリーマン幾何学、ローレンツ幾何学、さらにシンプレクティック幾何学に発展しました。
坊向研究室/吉岡研究室

位相数学系

ユークリッド空間の点と点同士が近いか遠いかという概念は距離を用いて記述でき、これによって写像の連続性が議論できます。このような概念を一般化したものが位相空間論です。また、位相幾何学では、連続変形で不変な図形の持つ性質を調べます。
佐藤研究室

確率論・統計学系

一見無秩序な現象でも、何度も起こると規則性が現れることがあり、これは調査や予測に生かせます。またブラウン運動のように無秩序な力が絶えず加わる運動は、方程式から法則性を解明できます。
宮岡研究室

離散数学系

離散数学は、グラフ理論などを研究します。
小谷研究室

教育数学系

数学教員になるには、まず深い数学の理解が重要です。新鮮な数学的成果を教育の場で反映させるためには、教員自ら数学研究を続けなければなりません。数学教育の実践的手法を学ぶ一方で、数学研究を生涯続けていく土台作りを目指します。
佐古研究室

数理物理系

数理物理というのは、数学と物理学をつなぐ研究分野です。重力や電磁気力などを記述する解析学、幾何学等はもちろんですが、離散幾何学、代数学、確率統計理論、位相幾何など大部分の数学が物理学と関係しています。新しい数学が新しい物理学を生み、新しい物理が新しい数学を生み出しながら互いに進化します。
佐古研究室

平成28年度 学修簿 卒業所要単位表

専門領域科目 専門領域外科目  
専門科目 基礎科目 一般科目
必修 選択
必修
選択 専門
基礎
基幹
基礎
関連専門
基礎
英語 人間
科学
 
22 50 15 7 4 8 18 124

資格・受験資格

  • ・ 中学校教諭1種免許状(数学)
  • ・ 測量士
  • ・ 高等学校教諭1種免許状(数学・情報)
  • ・ 測量士補

教員一覧

進路

進路グラフ
平成28年度卒業生

主な就職先(大学院生含む)

中学・高校教員、アイ・エス・ビー、アイエム、アウトソーシングテクノロジー、青山商事、アサミ精工、イーピーエス、学術図書出版社、カクタ、学究社、河合塾進学研究所、キーウェアソリューションズ、クォンツ・リサーチ、さくら情報システム、JR東日本、JR東日本情報システム、セコム、セコム損害保険、セブン-イレブン・ジャパン、ソニーLSIデザイン、ソフトプレックス、ダイナム、大洋システムテクノロジー、TISソリューションリンク、ディー・エル・イー、TDCソフトウェアエンジニアリング、テクバン、テリロジー、ドラン、日本IBM、日本消防検定協会、バーネット、パスカリア、パナソニックシステムネットワークス、東日本学院、まいばすけっと、三菱東京UFJ銀行、SOMPOケアメッセージ、ヤマイチ、山手学院、臨海、ルミノシステム、ワークスアプリケーションズ、陸上自衛隊、東京都中央区職員、埼玉県松伏町職員

ページのトップへ