理学部第一部

これからの科学技術の創造を支える力の源泉として、
多方面に極めて多くの人材を輩出

理学部第一部は、本学の前身である1881年に創設された「東京物理学講習所」以来の「理学の普及」と、「東京物理学校」以来の伝統である「実力主義」を求める厳格な教育の実践を教育・研究の基本理念としています。理学とは、自然界に存在するさまざまな物質や諸現象について、それらの本質を見極めその背景にある法則を発見して自然に関する真理を探究する学問です。今日では工学、情報科学、薬学、生命科学さらには社会科学などの諸分野へ応用され、それぞれの分野の発展を支えています。本学の理学部第一部は基礎学問だけではなく、応用理学がバランスよく配置されているのが特徴です。そして、基礎系学科と応用系学科の連携は、教育面・研究面においても浸透しています。理学部第一部は、「十分な基礎学力の上に高度な専門知識を身に付け、豊かな教養に裏打ちされた強い倫理観と豊かな人間性を持った人材の育成」を教育目標に掲げています。

学科一覧

理念・目的・教育目標

理学は自然界の普遍的真理を解明することを目指し、自然界にある法則や基本原理を探求する学問であり、人類の自然観を絶えず進化させ文明社会の基盤を築きあげてきました。この理学の理念の下、理学部第一部は、本学の前身である1881年に創設された「東京物理学講習所」以来の「理学の普及」と「東京物理学校」以来の伝統である「実力主義」を求める厳格な教育の実践を教育・研究の基本理念としています。

ますます発展・変動している社会情勢の中で、理学部第一部は、現代社会が求める新しい「科学技術の創成」へ向けて、「十分な基礎学力の上に高度な専門知識を身につけ、豊かな教養に裏打ちされた強い倫理観と豊かな人間性を持った人材の育成」という教育目標を掲げ、専門的学力と問題解決能力に加え、人倫をわきまえた人間性豊かな確固とした信念と実力を備えた人材を育成することを目的としています。

学部長挨拶

強い倫理観を持ち、リーダーシップを
発揮する科学者、技術者、教育者の育成

理学部第一部は、基礎系3学科と応用系3学科がバランスよく配置された6学科で構成されています。理学研究は、探索(Explore)、発見(Discover)、解明(Understand)、予測(Predict)の順に進みます。この理学に軸足をおいて「発見」を「ものづくり」に橋渡しする役割も担っており、将来、しっかりとした専門知識をいろいろな分野で活用できる人材の育成にも力を注いでいます。そして、グローバルな時代に活躍できる人材の育成を目指し、少人数制で習熟度別クラス分けを行う英語教育、ならびに、「カリフォルニア大学1年留学プログラム」をはじめ、各種留学制度、海外との共同研究、研究交流を積極的に行っています。また、人間力を育む幅広い教養をはじめ、コミュニケーション能力や倫理観を育む人文・社会科学領域の知識の習得にも力を入れています。さらに、講義、研究室でのゼミやクラブ・サークル活動を通じて豊かな人間性を育みながら、理学部第一部は、専門性、人間性、国際性を生かして、社会で強いリーダーシップを発揮できる人材の育成を目指しています。

理学部第一部 学部長

宮村 一夫

ページのトップへ