教養(各学部共通)

教養教育の目標

本学における教養教育は、専門教育と互いに補完し合いながら、体系的・段階的に行うことによって、課題が複雑化・多様化し、グローバル化した現代社会の中にあっても、優れた専門性を支える基盤となる以下の能力を、学生に共通に身に付けさせることを目標とします。

  1. 専門分野の枠を超えて広い視野で多元的・複眼的に自然・人間・社会を俯瞰できる能力
  2. 多様な文化・言語を理解し協働するための国際性を身に付けるとともに、グローバル化した社会の中で、多様な価値観を持つ人材とコミュニケーションを取れる能力
  3. 課題を自ら発見し、主体的に考え、解決に取り組むための論理的・批判的思考力
  4. 正解のない課題に対しても積極的に挑むための判断力・行動力
  5. 社会の激しい変化の中でも自らを律し、自らの位置付けやキャリア形成を確立するとともに、心身ともに自己を管理する能力

科目の分類

一般科目は、「人間科学」と「英語」に大きく分類され、所定の単位数の履修が必要です。「人間科学」には人文科学、社会科学を中心に多彩な科目が用意され、また英語以外の外国語や保健体育科目も含まれています。とくに保健体育では、キャンパス内の体育施設や、校外施設を使って行われる運動を通じて、壮健な身体づくりを図り、人間性の発達を目指します。また多彩な英語科目は理工学研究者・技術者に必要とされる実用的な英語力の育成するとともに、国際人としてのコミュニケーション能力を育成します。

科目一覧

所属教員一覧

教養科目を担当する教員を一覧できます。

オリジナルHP

学部によっては、教養科目の詳細な情報を掲載したオリジナルHPを公開しています。

ページのトップへ