建築学科

建築学科オリジナルHP

学科紹介

研究分野・対象

建築学は、人間が生活するうえでのあらゆる活動の場において、大きな役割をもっています。住宅をはじめ、学校、事務所、工場などといった各種施設の計画、建設ばかりでなく、都市や地球環境の保全等においても重要な役割を果たしています。

学科の特徴

本学科では、建築学を計画、環境、構造の3部門に分類しています。計画部門はいわゆるデザインや平面計画、構法計画、歴史、建築思想等。環境部門は室内環境、地域環境、都市環境等の解析や計画。構造部門は構造解析、鋼構造、コンクリート構造や建築材料、防火、耐震等をそれぞれ対象としています。

学びの特徴

本学科のねらいは、建築学を通して社会に貢献できる人間を育てあげることです。特に、実務経験を通して大きく成長するために、技術者としての学問的な基盤をしっかりと与えることに重点を置いています。本学科での4年間で、実社会の日進月歩の技術革新に対応できる素地を育成していきます。教育スタッフはそれぞれの専門分野、学界で中心的に活躍している専任教員を揃えています。また、設計事務所等で活躍している建築家や専門研究者等を非常勤講師として迎え、最新のテーマについてのきめ細かい教育にも努めています。

理念・目的・教育目標

建築学は、ハード・ソフトの両面から、自然・人間・社会の調和した環境の基盤を創出、保全するものであり、その学問領域は、単に工学にとどまらず、社会・経済・文化とも関連性の強い、学術、芸術、技術が三位一体となった総合学です。

カリキュラム

  • 必修科目
  • 選択必修科目
  • 選択科目
1年次 2年次 3年次 4年次
設計基礎1・2/建築環境工学概論/力学基礎及び同演習/材料力学及び同演習/建築概論/図学/線形代数1・2/微分積分1・2 建築IT概論/プログラミング技法/設計製図1・2 建築施工/建築法規 卒業研究及び卒業制作
設計製図3 建築数理2/建築・都市設計
プロジェクト研究/建築数理1
物理学1・2/化学1・2 計画系(第1部門)
数学演習1・2/デザイン演習1・2 日本建築史/構法計画A/建築計画1・2/世界建築史 第一部門(計画)設計及び演習
構法計画B 現代建築/建築ディティール/計画理論/ランドスケープ/都市計画/都市デザイン/建築空間論/近大建築史/設計監理/建築生産/都市史
環境系(第2部門)
建築設備概論 第二部門(環境)実験及び演習/建築環境測定
建築熱環境/建築空気環境/建築音環境/建築光環境 建築環境工学A・B・C/建築設備計画/建築設備設計/建築防火
構造系(第3部門)
建築材料1/金属系構造1/建築振動1 コンクリート系構造1 建築構造設計製図
構造力学及び同演習/建築構造デザイン 第三部門(構造・材料)実験及び演習/建築構造・材料実験及び演習
建築材料2 建築構造技術/木質系構造/地震工学/構造計画/性能型構造設計/金属系構造2・3/建築振動2/コンクリート系構造2/建築基礎構造

卒業研究

計画系(第1部門)

豊かな暮らしを営むために必要な住まい・オフィス・公共施設など人間を取り巻くさまざまな空間を、プランニングの立場から総合的に捉える分野です。建築計画、都市計画、設計計画、構法計画、歴史意匠などがあります。
伊藤(裕)研究室/宇野研究室/熊谷研究室/郷田研究室/栢木研究室*/坂牛研究室*

環境系(第2部門)

人間や建築は外皮を通して外界と熱などのやり取りをしています。環境系では熱・光・空気・音などのやり取りによる物理的・心理的現象を理解し、環境負荷の少ない快適空間の構築を目指しています。
倉渕研究室/長井研究室/辻本研究室*

構造系(第3部門)

建築構造物が耐用期間中にどのような外力を受けるか、それらの設計外力に対して、安全性をどのように確保していくかを研究、技術開発、設計していく分野の総称です。
伊藤(拓)研究室/栗田研究室/佐々木研究室/髙橋研究室/今本研究室*/河野研究室*

*は、選択可能な第二部の研究室です。

平成28年度 学修簿 卒業所要単位表

専門領域科目 専門領域外科目    
専門科目 基礎科目 一般科目 自由科目
必修 選択
必修
選択 専門
基礎
基幹
基礎
関連専門
基礎
英語 人間
科学
   
38 13 22 14 16 8 22 133

資格・受験資格

  • ・ 1級建築士
  • ・ 2級建築士

教員一覧

進路

進路グラフ

平成26年度 主な就職先(大学院生含む)

大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店、旭化成ホームズ、梓設計、石本建築事務所、一条工務店、インテリジェンス、NTT都市開発、NTTファシリティーズ、Ove Arup & Partners Japan、河合楽器製作所、構造計画研究所、佐藤総合計画、JR東海、JR東日本、JFEシビル、新日鉄エンジニアリング、スターツCAM、住友林業、積水化学工業、積水ハウス、双日新都市開発、大東建託、高砂熱学工業、髙島屋、TALOインターナショナル、都留理子建築設計事務所、東急 建設、東急電鉄、東京海上日動リスクコンサルティング、東京電力、栃木セキスイハイム、西松建設、二十一設計、日建設計、日本国土開発、日本設計、日本郵政、乃村工藝社、パシフィックコンサルタンツ、長谷工コーポレーション、富士通バンキングインフォテクノ、プライスウォーターハウス クーパース、平成建設、ポラス、松田平田設計、丸井グループ、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、森ビル、森村設計、安井建築設計事務所、ヤフー、UR都市機構、UTホールディングス、RISE構造設計、ランドブレイン、国土交通省、東京都職員、千葉県職員、鳥取県職員、神奈川県横浜市職員、三重県四日市市職員

ページのトップへ