材料工学科

学科紹介

研究分野・対象

半導体、金属、高分子、セラミックス、複合材料、生体機能材料等の材料に関する科学と工学を、横断的学問体系でとらえて研究します。研究内容は物質設計、合成、材料プロセス、素材・材料の物性・機能等分析・評価、応用・開発などの分野から成ります。

学科の特徴

金属・無機・有機といったタテ割り型の分類によって専門を区切ることなく、各種の最先端の材料を総合的に学び研究します。また、最終学年に取組む卒業研究においては、指導教授をはじめ同室の身近な先輩である大学院生らに助けられて研究発表の準備を行い、そこでは著しい人間的成長も得られます。

学びの特徴

徹底した基礎教育、充実した実験実習、そして卒業研究。この3つの課程でしっかり学びます。1~2年次は物質を原子、分子のレベルで理解するために基礎科目を徹底して学び、学年が進むに連れて材料工学に踏み込んで行きます。新素材や新機能を創出するための材料設計、実際にもの作りを行う材料の合成、素材から目的の材料を作るためのプロセス、得られた素材や材料の組成、物性、機能等の分析・評価を学びます。これらの専門分野の学習では、特に実験実習を重視しており、学生はマンツーマンに近い指導を受けながら、自分の手で材料合成を行ったり、高度の分析・評価装置を操作したりします。卒業研究では各研究室に配属され、最先端の研究に取り組みます。

理念・目的・教育目標

材料工学科は、既存の工学の枠を超えて、産業の発展に寄与する新しい材料と新しい工学の創出を目指すとともに、材料工学の専門を基盤として社会に貢献する人材を育成します。

カリキュラム

  • 必修科目
  • 選択必修科目
  • 選択科目
1年次(全寮制) 2年次 3年次 4年次
基礎工学実験1・2/微分積分学1・2/線形代数学1・2/力学1・2/化学1・2/情報基礎
数学演習1・2/基礎工学セミナー/数理基礎演習/プログラミング基礎1・2
材料基礎実験1・2/材料の物理1/材料の化学1/材料の力学1
材料熱力学1・2/材料の物理2/材料の化学2/材料分子科学/材料光科学1/材料反応化学/材料量子力学/材料と強度/固体構造解析学/材料のプロセスと機能1
材料工学実験1・2
材料のプロセスと機能2・3
卒業研究/文献講読
基礎材料学系
金属材料学/半導体材料学/無機材料学/有機材料学/機械材料学
材料機能系
航空宇宙材料学/生体機能材料学/エレクトロニクス材料学/磁性機能材料学/光機能材料学/デバイス材料工学/基礎複合材料学
材料プロセス系
材料高分子化学/材料電気化学/材料プロセス学1・2・3/高分子材料学
材料科学系
応用数学1・2/環境エネルギー材料学/材料工学のための英語/材料光科学2/材料分析評価法/材料計算科学
固体材料学系
固体化学/固体物理学1・2/材料の力学2/材料固体構造学
理系+α
知的財産概論

卒業研究

材料物性工学系

田村研究室(金属材料工学)/古江研究室(液晶材料工学)

無機材料工学系

西尾研究室(セラミックス材料工学)/安盛研究室(無機材料工学)

有機材料工学系

菊池研究室(バイオマテリアル工学)/松本研究室(分子集合体材料工学)

半導体材料工学系

飯田研究室(環境半導体材料工学)/小嗣研究室(電子物性材料工学)

材料プロセス工学系

石黒研究室(ナノシステム材料創成工学)/曽我研究室(フォトニック材料工学)

複合材料工学系

向後研究室(機械システム材料工学)/小柳研究室(複合材料工学)

平成29年度 学修簿 卒業所要単位表

専門領域科目 専門領域外科目    
専門科目 基礎科目 一般科目 自由科目
必修 選択
必修
選択 基幹
基礎
専門
基礎
関連専門
基礎
英語 人間
科学
   
12 24 26 18 12 10 18 10 130

資格・受験資格

  • ・ 危険物取扱者(甲種)

教員一覧

進路

進路グラフ
平成28年度卒業生

主な就職先(大学院生含む)

IHI、アイシン・エィ・ダブリュ、アキレス、曙ブレーキ工業、アズビル、アライドマテリアル、岩崎電気、ウィルグループ、NLTテクノロジー、NTN、オーテック、オルガノ、ガリバーインターナショナル、キッツ、共同印刷、コイト電工、JR東日本、ジャパンディスプレイ、商工組合中央金庫、ジョンソンコントロールズ、新日鐵住金、住友化学、住友電装、セイコーインスツル、セゾン情報システムズ、セントラル硝子、SOLIZE、第一工業、大王製紙、ダイニック、大日本印刷、太平洋マテリアル、大豊建設、太陽誘電、鉄道・運輸機構、デンソー、東芝、東燃ゼネラル石油、東プレ、東邦化学工業、東邦ガス、東洋システム、トッパン・フォームズ、トヨタ自動車、ニチレキ、日産化学工業、日新製鋼、日東電工、日本コンクリート工業、日本特殊陶業、日本化学産業、日本総合研究所、日本電子、パナソニック、日立オートモーティブシステムズ、日立化成、富士電機、双葉甲府幼稚園、ホンダ、マクニカ、マツダ、三菱自動車工業、三菱電線工業、メイテック、ヤマハモーターエンジニアリング、LIXIL、ワークスアプリケーションズ、航空自衛隊、特許庁、千葉県船橋市職員

ページのトップへ