社会人教育センター

センター長挨拶

社会人教育センターは、法人におけるリカレント教育に関する方針に基づき、社会人が生涯学び続ける機会を広く学内外に提供し、社会全体の発展に寄与することを目的としています。

現在、多くの方々は20歳代までに種々の教育機関において知識や技術を習得し、その間に身に付けたことを活用し、社会人として活躍されています。しかし社会状況の変化や種々の技術の進展は、年毎に早くなっていますし、日本人の長寿命化に伴い、現在よりも長い期間に亘って働く時代になると言われています。このような時代において個人の能力をより有効に発揮していくためには、社会人として身に付けておくべき知識や技術を、常にアップデートしブラッシュアップしていくことが必要です。

本センターでは、オープンカレッジをはじめ、実務的で社会人として有用な知識や技術を習得できる「社会人教育・リカレント教育」の場を提供し、生涯現役であり続けたい方や社会人としての知識、見識を高めたい方、豊かな教養を身に付けたい方を対象とした有意義な企画・講座を準備し、近年、言われている「人生100年時代」に相応しい社会人教育の拠点を目指しています。



社会人教育センター長:
中谷 幸俊 (理事)

社会人教育センターの取り組み

ページのトップへ