大学院の教育研究上の目的

理学研究科

理学研究科 修士課程は、学部における一般的並びに専門的教育の基礎の上に、広い視野に立って理学の理論及び応用を教授、研究指導し、精深な学識と研究能力に富む人物を養成し、以って文化の進展に寄与することを目的とする。
博士後期課程は、独創的研究能力を養うように指導し、従来の学術的認識に新しい視野からの知見を加え、文化の進展に寄与するとともに、専攻分野に関し研究を指導する能力を養うことを目的とする。
数学専攻 数理的問題を解析するための手法を身につけ、かつ、新たな研究手段を開発し問題を解決する能力を持った人材を養成することを第一の目的とする。研究者として専門分野の発展に寄与できる人材を養成することはもとより、他の研究分野との交流や融合を通じ、実社会における具体的問題を解決することに役立つ能力を開発することも目的とする。また、深い専門的知識を持った中等教育の教員を養成することで社会に貢献する。
物理学専攻 社会的倫理観と国際的視野を兼ね備え、自然科学に関する深い理解と洞察力に基づいて物理学・応用物理学分野における研究を遂行する能力と高度な専門性を有する人材を養成することを目的とする。関連学術分野における幅広い学識のもとに独創的研究能力と研究指導能力を有する研究者、物理学・応用物理学の専門性を基盤とした教育者の養成も目的とする。
化学専攻 化学系学部学科における一般的および専門的教育の基礎の上に化学に関する深い学識を修め、物質に関わる自然現象の真理を追究し解明するための高度な知識や技術と持続可能な住みよい社会の構築に貢献することができる能力を備え、化学が包含する幅広い分野の発展に向け自立的な取り組みを行うことのできる研究者・技術者・教育者を育成・輩出することを目的とする。
応用数学専攻 科学技術と密接に関連した数学について高度な知識を有し、論理的思考に基づいてその知識を応用することにより、科学技術の発展に寄与できる人材を養成するとともに、創造的研究能力を有する応用数学の諸分野における研究者を養成することを目的とする。
応用物理学専攻 基礎物理及び先端物理に関する高度な教育研究並びに、工学との橋渡しともなる物理学の応用に関する幅広い教育研究を行い、社会を変革するイノベーションを創出するとともに、社会的倫理観、国際的視野、そして新しい学問及び産業の芽を興すことに挑戦する高い志を持った21世紀社会を牽引し得る研究者及び技術者を育成することを目的とする。
科学教育専攻 これまでの中等数学科・理科教員育成をさらに強化するとともに、東京理科大学の「理学の普及」という建学理念を、学校教育現場のみならず一般市民も含むより広い人々を対象とする「科学教育」すなわち「科学的知識・技能の教育・普及・啓発活動の推進」へと発展させ、社会の各分野でこの「科学教育」に貢献する人材の育成も行うことを目的とする。

総合化学研究科

総合化学研究科 修士課程は、化学に携わる研究者・技術者・教育者として、化学系学部学科における一般的および専門的教育の基礎の上に化学に関する深い学識を修め、持続可能な住みよい社会の構築に貢献することのできる能力を備えた人材を育成・輩出することを目的とする。
博士後期課程は、化学に関連した卓越した専門性と国際感覚を身に付け、新たな学問領域や科学技術の開拓・開発を先導し化学の最前線をさらに前進させるとともに、持続可能な住みよい社会の構築を主導することができる第一線の研究者・技術者・教育者を育成・輩出することを目的とする。

科学教育研究科

科学教育研究科
科学教育専攻
修士課程は、理学についての広い理解を持ち、高い教科専門性と指導能力を有し、生徒が理解し、興味を持つことができる授業やカリキュラムの開発を行うことができる数学及び理科の教員に必要な能力を養うとともに、社会の広範な分野で科学教育に携わる人材を育成することを目的とする。
博士後期課程は、理学分野、中等数学教育・理科教育分野で自立した高度な研究を遂行する能力を備えた人材を育成するとともに、高度な科学教育活動のコアになれる人材を育成することを目的とする。

薬学研究科

薬学研究科 修士課程は、薬学部における一般的並びに専門的教育の基礎の上に広い視野に立って精深な学識を修め、専門分野における理論と応用の研究能力を養うことを目的とする。
博士後期課程及び薬学専攻博士課程は、薬学における独創的研究によって従来の学術水準に新しい知見を加え、文化の進展に寄与するとともに、専攻分野に関し研究を指導する能力を養うことを目的とする。
薬学専攻 (1) 薬学に携わる研究者あるいは技術者として求められる学識と研究法を習得し、研究課題を自ら形成し、解決する能力を養う。
(2) 医薬品の適正使用に関する知識と技術を習得し、臨床分野で活躍できる問題解決能力と指導力を持った人材を育成する。
(3) 医療現場において、適正な対応のできる幅広い高度な専門的知識と実践能力及びそれらを教育指導できる能力を持った人材を育成する。
薬科学専攻 (1) 薬科学とその応用展開の教育・研究を通して、薬に関する総合的情報学(ファーマコインフォマティクス)を「薬科学」の視点から深く理解し、応用展開のできる幅広い専門的知識と実践的能力を養う。
(2) 疾患関連遺伝子等から創薬ターゲットタンパク質分子の同定や新規医薬品のデザインと合成、物性評価等の「創薬科学」、医薬品の薬理作用や副作用、体内動態等を解明する「生命薬科学」及び医薬品の安全性と毒性、環境衛生等に関わる「医薬科学」の3分野に精通した研究者の育成に重点を置くとともに、高度な専門的技術者や教育者等の育成も行う。
(3) 薬科学関連領域の諸課題に対して、科学的探究により解決策を見いだす「高度な研究能力」とそれを教育指導できる「優れた指導能力」を備えた人材を育成する。

工学研究科

工学研究科 修士課程は、学部における一般科目及び専門の教育を基礎として、各専攻分野の基本となる専門知識と技能に加え、技術者に要求される倫理や常識を修得し、専門分野における研究能力及び高度の専門性を必要とする職業を担う能力を持つ人材の育成を目的とする。
博士後期課程は、専攻分野における研究活動の実践を通じて、独創的かつ自立した研究活動の遂行が可能な知見と能力を有し、国際的な水準の研究者として活躍できる、指導力を持った人材の育成を目的とする。
建築学専攻 建築学専攻は、建築学に携わる研究者・技術者・設計者として求められる学識と技術を習得し、自ら問題を設定して解決する研究能力、学際的な見地から実務分野の課題を解決できる能力を持った人材の育成を目的とする。
工業化学専攻 工業化学専攻は、化学の工業的・工学的な見地から教育・研究を行い、物質・材料の創製及び解析、資源・エネルギー、環境保全、化学プロセス、生物・生命化学などの広い分野において、学術的な研究にとどまることなく、人類社会の持続的発展を目指した「ものづくり」を実践でき、自立した研究活動によって化学の学術水準の向上に寄与できる人材の育成を目的とする。
電気工学専攻 電気工学専攻は、電気工学に携わる研究者あるいは技術者として求められる学識と研究方法を習得し、社会の発展に役立つ研究課題を自ら設定して解決する能力を持った人材の育成を目的とする。
経営工学専攻 経営工学専攻は、経営工学に携わる研究者及び高度な総合経営管理技術者として求められる学識と研究方法を習得し、数理的解析能力及び情報技術活用能力を基礎として、学術的あるいは実務的課題を自ら発見かつ解決できる人材の育成を目的とする。
機械工学専攻 機械工学専攻は、機械工学に携わる研究者あるいは技術者として求められる高度な学識と研究方法を習得し、研究課題を自ら発見し、解決する能力を持った人材の育成を目的とする。

理工学研究科

理工学研究科 修士課程は、学部における一般的及び専門的教育の基礎の上に、広い視野に立って精深な学識を修め、理学及び工学における理論と応用の研究能力又は高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を養うことを目的とする。
博士後期課程は、理学及び工学における独創的研究によって従来の学術水準に新しい知見を加え、学術の創造と文化の進展に寄与するとともに、専攻分野に関し自立した研究活動を行うに必要な高度の能力を養うことを目的とする。
数学専攻 学問・科学技術の最基盤に位置する数学、及び、より広く諸科学の数理的様相を教育研究し、これを通じて社会の発展に貢献出来る創造性豊かな高度の認識能力を持った人材を育成する。
物理学専攻 物理学やその関連する分野において未知の領域を開拓する能力と共に幅広い学識・社会貢献への高い意志を備えた人材を育成する。
情報科学専攻 基礎数理情報、応用数理情報及び計算機科学という相互に関連する3つの分野において、基礎を重視した高度の専門知識を習得し、広い視野から情報科学の発展に寄与する人材を育成する。
応用生物科学専攻 微生物から高等動植物にいたる生物科学の基本法則を探求するとともに、理学・農学・医学・薬学・工学などを統合し、健康、食料、環境、エネルギー等の問題を解決するための戦略を立案・遂行する能力を有する人材を育成する。
建築学専攻 人々が自然と共生し、安全で安心して快適に生活できる構築環境を総合的に創りだすための専門的な知識や技術を修得し、新たな理念や手法や技術を研究・開発する能力を持った人材を育成する。
先端化学専攻 エネルギー、生体関連材料をも含む先端材料開発に重点をおき、環境調和型科学の発展を目指している。化学物質を創り、使い、循環することにより、科学と自然の調和を実現する。最先端の研究者、技術者として自立できる人材を育成する。
電気工学専攻 電気工学(エネルギー・環境問題や制御システム等)、電子工学(電子デバイス・材料や電子回路等)、情報通信工学(通信システムや信号処理・情報セキュリティ等)の3分野を包含する。この3分野に亘る基礎知識を基に、より高度な教育を行い、専門性の高い第一線の研究者・技術者として具備すべき能力を有する人材を育成する。
経営工学専攻 理学・工学の知識と技術を企業や組織のマネジメントとしてその活動へ具現化する技術、高度情報化へ対応する情報工学、環境社会問題との融和を図るシステム工学について、最新動向を教授するとともに、さらなる発展のための研究を指導し、組織の効率的マネジメントを先導できる人材を育成する。
機械工学専攻 機械工学の先端領域を目指す研究を行い、社会からの要請に応えるとともに、研究を通じて、幅広くかつ高度な専門知識をもち、新しい情報をいちはやく取り入れて総合的に技術革新を先導できる人材を育成する。
土木工学専攻 基礎知識を備えた適応性・発展性に富む技術者、倫理観・環境観を備えた自立できる土木技術者、実行力を備えた信頼される土木技術者としての要件をすべて満たし、そのうち1つが特に卓越している土木技術者を育成する。

基礎工学研究科

基礎工学研究科 修士課程は、工学・科学の各分野が相互に関連し合って進歩を遂げている現状を踏まえて、各専攻間の枠を超えた横断的な研究・教育を行い、多様な専門性を要求される業務に必要となる研究能力及び学識を備え、独創的かつ指導的役割を果たし得る人材を育成し、工学技術の進展に寄与することを目的とする。
博士後期課程は、高度に専門的な業務に従事するに必要な研究能力及びその基礎となる豊かな学識を身につけた人材を育成し、研究者として自立して研究活動を行い、世界的水準を目指した学術研究と工学技術の進展に寄与することを目的とする。
電子応用工学専攻 エレクトロニクスを基幹として、情報処理、計算機システム、計測制御、及び電子デバイスなどの分野を有機的に連携させた広い視野で教育・研究を進めることで、幅広い知識と独創的能力を有した人材を育成し、新しい視点を持って工学の分野に寄与することを目的とする。
材料工学専攻 材料の在来の枠組みに捉われることなく、各分野間で連携を保ちつつ、原子・分子レベルから巨視的レベルに至る一貫した統一的視点から材料の特質を解明することとし、これを基盤として研究・教育することにより、独創的能力と材料工学に関する新しい視点を有する人材を育成し、広く人類社会に寄与することを目的とする。
生物工学専攻 生命現象を生化学・分子生物学・細胞生物学などの基礎生物学の立場から解明し、更に、飛躍的な展開を見せている生物工学関連諸分野の新しいバイオテクノロジーを基盤に、工学的視点に立った研究・教育を行い、人類が抱える諸問題の解決に寄与できる基礎力と独創性をもった人材を育成し、広く人類社会に寄与することを目的とする。

経営学研究科

経営学研究科 修士課程は、広い視野に立って経営学に関する精深な学術の理論と応用の学識を授け、経営学の分野における研究能力又は経営に関する高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い、学術の創造と文化の進展に寄与することを目的とする。
経営学専攻 社会科学のみならず、理学と工学の知識と技術に基づく数量的・実証的アプローチを重視し、経営学の学術的理論とその実用的な技法を教授研究し、その上で情報技術の進展に伴う産業社会の急速で複雑な変容に応えて主体的に対処しうる実践的かつ創造的な人材を養成し、もって社会の要請に応えることを目的とする。

生命科学研究科

生命科学研究科
生命科学専攻
修士課程は、生命科学の急速な進展に対応できる広い視野を持って生命体の分子機構の解明を志し、高度の専門知識及び研究能力を有する人材を育成することを目的とする。
博士後期課程は、独創的研究によって、従来の学術水準に新しい知見を加え、文化の進展に寄与するとともに、専攻分野に関し自立した研究活動を行うことが出来る高度の能力を養うことを目的とする。

イノベーション研究科

イノベーション研究科 専門職学位課程は、高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を養うことを目的とする。
博士後期課程は、理工学の理論を企業・産業の場で実践するための深い知を体系化し、理論 的に教育研究することを目的とする。
技術経営専攻(専門職学位課程) 技術経営専攻は、理学と工学が一体となった「科学技術」と「経営」の実践的融合を図った教育で、これまでに築き上げた科学技術研究を通じて得られる成果を基礎に、技術開発から市場化へのプロセスにおける一連のイノベーションを担う人材の養成を目的とする。
知的財産戦略専攻(専門職学位課程) 知的財産戦略専攻は、知的財産の創造、保護、活用のできる人材を養成する。さらに経営・技術・法律等、各領域にまたがる幅広い教養を国際的視野で身に付け、理論と実践の両面から課題を把握し、その解決策を戦略的に提案できる能力を持つ、高度な知的財産専門職人材の養成を目的とする。
イノベーション専攻 イノベーション専攻は、研究開発の成果を産業成果として実現するための技術経営と知的財産に関わる教育研究を行い、グローバルな規模におけるイノベーションの推進に直結した、応用性の高い実践知を体系化し、理論研究として深く掘り下げることの出来る高度の知見と能力を兼ね備えた人材を育成することを目的とする。

国際火災科学研究科

国際火災科学研究科
火災科学専攻
本研究科は、都市空間における火災リスクを制御することを目標とし、火災安全性能評価とこれを用いた設計体系確立に関する最先端の研究成果を利用して、火災リスクを抑制する有効な対策を選定できる高度の専門的職業人を養成することを目的とする。

ページのトップへ