東京理科大学 維持拡充資金(第二期) 募金にご協力ください

2010年4月1日より「維持拡充資金(第二期)」を募集いたしております。募集方法や詳細内容については、上のメニューよりご覧ください。


維持拡充資金(第二期)募集について

ご挨拶

皆さまにおかれましては、日頃から本学の教育研究の発展に対しまして、ご理解とご協力を賜り心より御礼申し上げます。

本学は、明治14年に「理学の普及を以て国運発展の基礎とする」との建学の精神のもと、若き21名の理学士らによって設立されました。以来、長きにわたり科学技術創造立国を支える多くの有為な人材を輩出し、わが国最大級の理工系総合大学へと発展してまいりました。

歴史ある本学ではありますが、経済がますますグローバル化している今の社会では、クロスカルチャーをコンセプトに日本で、そして世界でリーダーシップを発揮できる人材育成が求められています。その人材育成の最前線にあるのが大学であり、大学こそが人材育成のインフラであります。

130年以上の歴史がある東京理科大学は、理学・工学・経営学を主要分野としている大学であり、日本が再び世界競争の先頭に立つために必要な基礎を十分に備えています。その基礎の上に、グローバル競争に対応できる「経営」、「ビジネス」の能力を付加した人材を、広く社会に輩出していきたいと願っています。世界の理科大を目指して、大学の重要な機能である「教育」と「研究」の両輪を、しっかりとイノベーションを推進していきながら、大学の「質」をどう高めていくかが要です。伝統の「実力主義」を原点に、未来への約束を実現していきます。

これらを現実化させるため、現在、維持拡充資金(第二期)として、ご寄付の募集活動を進めております。皆さま方におかれましては、引き続き母校へのご支援、ご賛同を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

平成28年4月


本山理事長
学校法人 東京理科大学
理事長
本山 和夫
藤嶋学長
東京理科大学
学長
藤嶋 昭
河村学長
諏訪東京理科大学
学長
河村 洋

維持拡充資金(第二期) 募集要項


▲ ページ先頭に戻る


お知らせ

夏期一斉特別休暇期間のお知らせ

東京理科大学事務室は、8月10日(水)から8月19日(金)まで夏期一斉特別休暇となります。ご不便をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。


個人住民税の寄付金控除について

山口東京理科大学の公立化および久喜校舎の閉鎖に伴い、2016年4月1日より、下記自治体における個人住民税の寄付金控除対象から除外となりました。

個人住民税の寄付金控除対象外となる自治体
都道府県: 埼玉県、山口県 / 市区町村: 久喜市、山陽小野田市
2016年3月31日までの受領分に関しましては、個人住民税の寄付金控除の対象となります

インターネット決済での個人継続寄付に対応いたしました

学校法人東京理科大学は、(株)エフレジが提供するクレジットカードによる継続的な寄付金収納サービスを、2015年4月1日より導入致しました。

毎月ご寄付を継続するシステムで、金額と期間は任意で設定が可能です。詳しくはインターネット寄付よりご覧ください。


募金パンフレットの送付について

同窓生、教職員、学生ご父母の皆様へ、維持拡充資金(第二期)募集のご案内書類を送付いたしております。任意の募金ですが、是非ともご協力いただけますよう、よろしくお願いいたします。

同窓生の方(新卒生を除く)…毎年5月頃 / 新卒生の方…毎年10月頃 / 学生ご父母の方…毎年5月・11月頃
教職員の方…毎年5月・11月頃 / 維持会会員の方…毎年11月頃

なお、ご住所の変更などのご連絡はお問い合わせ・資料請求フォームにて受け付けております。


▲ ページ先頭に戻る