塚本 良道

ABOUT TUS

ツカモト ヨシミチ

塚本 良道教授

TSUKAMOTO Yoshimichi

東京理科大学 理工学部 土木工学科

塚本研究室

連絡先 〒278-8510  千葉県野田市山崎2641
TEL : 04-7124-1501 (代表)   内線:4004
FAX : 04-7123-9766
ホームページURL http://www.rs.noda.tus.ac.jp/soil/
出身大学
1990年  東京大学  工学部  土木工学科  卒業
出身大学院
1993年  ケンブリッジ大学大学院  工学系研究科  地盤工学  博士課程 単位取得満期退学
取得学位
ケンブリッジ大学大学院  学術博士(Ph.D.)  課程
研究経歴 1990~1993(博士課程):海洋構造物の支持力特性
1995~2000:兵庫県南部地震で液状化したマサ土の液状化変形特性
1995~2000:EPSとジオグリッドを用いた補強土擁壁
1995~2003:飽和および不飽和砂質土の液状化後の沈下特性
1995~2003:スウェーデン式貫入試験に基づく地盤定数の定量化
1997~2001:液状化対策としての締固め工法による地盤の密度増加の評価
2000~2002:不完全飽和砂質土の液状化特性
2002~2003:液状化対策に用いられる人工材鉛直ドレーン工法の性能評価
2003~:地震による長距離地すべりの残留強度と流動距離の推定
2003~:液状化対策に用いられる薬液注入固化工法に関する研究
2004~:繰返し孔内水平載荷試験に基づく砂質土の液状化強度の評価
2007~:EPSブロックとEPSビーズを用いた軽量混合土工法
2007~:砂質土の繰返し強度・残留強度に及ぼす飽和度の影響(不完全飽和・不飽和)
2008~:砂地盤の地震時挙動の評価への原位置貫入試験の有効利用
2010~:気泡混合軽量改良土・高炉水砕スラグの変形強度特性
2010~:地震時の砂地盤の側方流動
2011~:スウェーデン式サウンディング試験を利用した砂地盤の液状化判定技術の開発
2015~:極超微粒子セメントによる浸透固化を利用した液状化対策技術の開発
2015~:年代効果による砂地盤の液状化抵抗の変化の検討
2017~:骨格間隙比の概念を利用したシルト砂の液状化抵抗とせん断弾性係数の推定法
研究職歴 1993-1995 九州大学工学部建設都市工学科 助手
1995-2000 東京理科大学理工学部土木工学科 助手
2000-2002 東京理科大学理工学部土木工学科 講師
2003-2006 東京理科大学理工学部土木工学科 助教授
2007- 東京理科大学理工学部土木工学科 准教授
性別
生年月 1965年 7月
研究キーワード 地盤工学
研究分野
地盤工学 (地震時の砂地盤の液状化と関連する工学的問題)
研究課題
砂地盤の液状化にともなう流動・沈下
原位置試験に基づく砂地盤の液状化判定
降雨・地震力を受ける斜面の安定性
さまざまな液状化対策工法の効果の評価
地震時の砂地盤の液状化と関連する現象
受賞
2019年 5月 9日
東京都地質調査業協会 感謝状(功労者表彰)
2018年 11月
Certificate of outstanding contribution in reviewing (Soil Dynamics and Earthquake Engineering, Elsevier)
2017年 10月 6日
Telford Premium (best paper in journal of Ground Improvement)
学会活動
2019年 6月 1日 ~ 2022年 5月 31日
(公益社団法人)地盤工学会 学会誌及び論文誌の編集者
2018年 11月 30日 ~ 2021年 4月
(公益社団法人)地盤工学会 関東支部 地盤情報を活用した首都直下地震に対する宅地防災検討委員会 委員
2013年 6月 1日 ~ 2015年 5月 31日
(公益社団法人)日本地震工学会 学会理事等
2012年 8月 21日 ~ 2014年 5月 31日
(公益社団法人)地盤工学会 「災害連絡会議」地方連絡委員(関東 千葉県)
2011年 10月 21日 ~ 2014年 3月 31日
(公益社団法人)地盤工学会 土構造物耐震化研究委員会
2011年 7月 22日 ~ 2012年 3月 31日
(社)土木学会 浦安市液状化対策技術検討調査委員会 委員
2011年 6月 1日 ~ 2013年 5月 31日
(公益社団法人)地盤工学会 学会誌及び論文誌の編集者
2010年 6月 3日 ~ 2011年 5月 31日
(社)地盤工学会 学会誌及び論文誌の編集者
2010年 4月 1日 ~ 2012年 3月 31日
(社)土木学会 インナーウェイト工法技術評価委員会 委員
2009年 10月 ~ 2009年 12月
(社)地盤工学会 2009年Morakot台風による台湾の被害調査に対する災害緊急調査団 団員
2009年 5月 20日 ~ 2011年 6月 30日
国際地盤工学会 第2回Geohunan地盤国際会議(湖南、中国)、国際学術委員会委員
2009年 5月 20日 ~ 2011年 1月 31日
国際地盤工学会 第5回地震地盤工学に関する国際会議(サンチアゴ、チリ)、学術委員会委員
2007年 6月 1日 ~ 2009年 12月 31日
(社)地盤工学会 IS-Tokyo2009国際会議実行委員会 幹事長
2007年 5月 ~ 2010年 5月
(社)地盤工学会 関東支部 研究委員会担当G リーダ幹事
2006年 6月 ~ 2010年 5月
(社)地盤工学会 代議員
2006年 4月 ~ 2010年 3月
(社)地盤工学会 Earthquake Geotechnical Engineering and Associated Problems国内委員会 委員
2006年 4月 ~ 2010年 3月
(社)地盤工学会 Geotechnology for Natural Hazards国内委員会 委員
2005年 5月 ~ 2008年 5月
(社)地盤工学会 関東支部 液状化を考慮した地盤と構造物の性能設計に関する研究委員会 幹事
2004年 12月 ~ 2007年 12月
(社)地盤工学会 学会誌及び論文誌の編集者
2004年 5月 ~ 2010年 5月
(社)地盤工学会 国際部 部員
2004年 5月 ~ 2010年 5月
(社)地盤工学会 関東支部 幹事
2004年 5月 ~ 2008年 5月
(社)地盤工学会 広報委員会 委員
2004年 5月 ~ 2007年 5月
(社)地盤工学会 技術普及委員会 委員
客員教授
専攻分野 地盤工学
研究分野 土質力学/動土質力学/土質工学
1995年1月の神戸地震(阪神淡路大震災)、2004年10月の新潟県中越地震や2011年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)では、甚大な地盤災害による社会基盤の多大な損傷が生じ、自然斜面の崩壊で村落の孤立化や宅地盛土の崩壊が生じました。また地震時の砂地盤の液状化や、それに伴う地盤の流動により、護岸構造物にも多大な被害が生じています。地震により飽和砂質土がどのように液状化に至り、地盤の流動を引き起こすかを室内試験や現地調査により研究を行っています。
研究テーマ
  1. 年代効果や微地形効果が砂地盤の液状化抵抗に及ぼす影響の定量的評価法の構築

    砂地盤の液状化に対する抵抗は、地盤の年代効果や、旧河道などの微地形効果に大きく影響を受けることが知られてきており、液状化リスクの評価に大きな問題となってきている。本研究テーマでは、年代効果や微地形効果が砂地盤の液状化抵抗に及ぼす影響の定量的評価法の構築を目指す。

  2. セメント浸透による液状化対策工法の評価に関する室内試験

    戸建て住宅の液状化対策工法の適用には、さまざまな条件下での適用が必要となってきており、液状化対策工法のオプションを多く整備しておく必要性が高まってきている。本研究テーマでは、微粒子セメント浸透による地盤改良体の構築による液状化対策工法の構築を目指す。

  3. 原位置貫入試験を利用した砂地盤の液状化リスクの評価法の構築

    スウェーデン式貫入試験やコーン貫入試験とともに、試料サンプリングの併用も行うことにより、砂地盤の液状化抵抗の推定法を構築することを目指す。

  4. 骨格構造に着目した細粒分を多く含む砂質土の液状化抵抗・せん断弾性係数の評価

    細粒分を多く含む砂の液状化抵抗の評価は、現在、経験的な手法に頼っており、合理的な推定法の構築が望まれている。本研究テーマでは、砂質土の骨格構造に着目して、骨格間隙比や類似した概念を導入することにより、シルト砂の液状化抵抗の推定法の構築を目指す。