Conscience 東京理科大学 創立125周年記念事業募金

学長挨拶

良心的科学技術者を

東京理科大学 学長 竹内伸

学長

建学の精神「理学の普及をもって国運発展の基礎となす」は創立以来125年にわたり、脈々と受け継がれてきております。「理学の普及」はすなわち、今日でいう「科学技術の普及」であり、現在は研究を通して「科学技術の創成」を行うことも東京理科大学の使命として加わっています。

建学の理念に基づいた「人間と自然のための科学技術の創造と調和」を教育理念とし、良心的教育による良心的科学者・技術者・教育者を養成し、良心的科学技術の創成をしてまいります。

この理念を実現するため、現在、教養教育の充実、研究のバリアフリー化など、教育・研究組織体制のさまざまな改革に積極的に取り組んでおり、同時に野田・神楽坂両キャンパスの整備も進行しております。

数年後には新生東京理科大学が誕生しますが、これからも教育研究に力を尽くし、さらに国際的にも評価される世界有数の理工系総合大学を目指してまいります。引き続き皆様方のご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

周年記念事業募金トップへ