Conscience 東京理科大学 創立125周年記念事業募金

創立の経緯

創立の経緯

東京理科大学は、1881年 (明治14年)に、その前身である東京物理学講習所を設立、その後東京物理学校と改称し、さらに新制大学の東京理科大学となって今日に至っており、来たる2006年 (平成18年)には創立125周年を迎えます。わが国屈指の理工系総合大学として輝かしい歴史と伝統をもつ本学は、これまで、15万人余りの有為な人材を育成し、社会に貢献してまいりました。

本学が誕生した明治初期は自由民権、国会開設等の叫びが大きくなり、時代の潮流が法文系中心で理工系はおざなりにされがちな風潮の中にあって、若き理学士ら21名が結盟し「国家の発展の基礎は理学の普及にあり」との鋭い洞察力をもって本学を設立いたしました。当時設立された私学の多くは、わが国の指導的立場にあった特定の個人 (著名人)によって設立されましたが、本学は国の発展を願う大学を卒業したばかりの青年理学士らの情熱によって創立された、誠に稀有な学園であるといえます。

創立者たちの「理学の普及」という理念は、優れた理数教員を養成することで具現化し、本学は教育界のみならず、産業界にも多くの人材を輩出してまいりました。今日においては、毎年5,000名を超える卒業生・修了生を社会に送り出し、わが国の科学・技術の発展に寄与しております。


21名の本学創設者 (長万部校舎壁画)

沿革

1881 (明治14年)若き理学士21名が標す夢の第一歩
東京大学 (旧東京帝国大学) 理学部物理学科の卒業生ら21名により東京理科大学の前身「東京物理学講習所」として創設。
1883 (明治16年)
「東京物理学校」と改称
1906 (明治39年) 神楽坂に新校舎完成
新校舎は木造2階建226坪の白亜の瀟洒な建物で、北原白秋が「物理学校裏」と題する詩を著し、夏目漱石が主人公を物理学校に入学させる「坊ちゃん」を発表したのもこの時代。同時に、入学は無試験でも進級が難しい「落第で有名な学校」という物理学校の伝統が始まり、世に知られるようになります。
物理学校校舎 物理実験室
1949 (昭和24年) 学制改革により「東京理科大学」となる
理学部のみの単科大学として新たなスタートを切る。
1960 (昭和35年)
薬学部設置
1962 (昭和37年)
工学部設置
1967 (昭和42年)
野田に理工学部設置
1976 (昭和51年)
工学部第二部設置
1981 (昭和56年)
創立100周年記念事業として神楽坂に新1号館・野田に記念図書館を建設
神楽坂校舎1号館
1987 (昭和62年)
野田に基礎工学部設置 (1年次・北海道長万部キャンパス) 山口県小野田市に東京理科大学山口短期大学設置
1990 (平成2年)
長野県茅野市に東京理科大学諏訪短期大学設置
1993 (平成5年)
久喜に経営学部設置
1995 (平成7年)
山口東京理科大学設置
山口東京理科大学
1996 (平成8年)
理学教育に新風を注ぐ私大初の「連携大学院」
2002 (平成14年)
諏訪東京理科大学設置
諏訪東京理科大学
2004 (平成16年)
専門職大学院設置
2006 (平成18年)
創立125周年
周年記念事業募金トップへ