Conscience 東京理科大学 創立125周年記念事業募金

理事長挨拶

次の100年に向けて

学校法人東京理科大学 理事長 塚本桓世

理事長

2006年6月14日、創立125周年を迎えた東京理科大学は、次の100年に向けた記念事業として、神楽坂および野田キャンパスの再構築を含む創立125周年記念事業を推し進めております。

皆様方の暖かいご支援により、野田キャンパスでは2001年の森戸記念体育館の着工を皮切りとした一連の再構築計画が順調に進行し、神楽坂キャンパスでも、2005年の新5号館(化学系研究棟)の竣工、大学会館の完成を待つばかりとなりました。今後は、新しい施設を最大限に生かした教育研究内容の充実に重点を移してまいります。

2003年から多くの皆様のご協力を仰いで参りました50億円を目標とする募金活動は、2008年12月まで続きます。世界に冠たる東京理科大学とするためには、さらに多くの皆様からご芳志を仰ぎたいと存じます。経済状況も厳しい折柄誠に恐縮に存じますが、本趣旨をご理解いただき、より一層のご協力を心からお願い申しあげます。

周年記念事業募金トップへ